1

市販の耳栓を使っていても音を完全にシャットアウトすることができず、眠りや集中が妨げられてしまうことも。そこで、耳栓に使われる「素材」から根本的に見直し、これまで以上に音をシャットダウン可能にしたのが「ISOLATE」です。

ISOLATE® - Switch off your ears! by Flare Audio - Kickstarter

https://www.kickstarter.com/projects/584645150/isolate-switch-off-your-ears

ISOLATEが普通の耳栓とどう違うのかは以下のムービーから確認できます。

市販の耳栓の多くはポリウレタンやプラスチックで作られたもの。



弾力性があり……



小さくしてから耳に詰めるのが一般的です。



しかし、このタイプの耳栓では低い周波数の音を完全に音をシャットダウンできず、音が水の中にいる時のようにくぐもって聞こえました。



そこで開発されたのがアルミニウム・チタニウムといった金属を使った「ISOLATE」



ISOLATEの能力の秘密は素材にあります。ISOLATEは密度の高いアルミニウム・チタニウムといった金属をボディに使用しており、低周波の振動を伝えにくいのに加え、イヤーフォームがしっかり耳にフィットするので、ノイズをしっかりカットできます。

ISOLATEの構造はこんな感じ。先っぽの部分には柔らかいイヤーフォームが使われていますが、ボディ自体は金属でできています。



これが実際のISOLATE。





イヤーフォームと金属の本体は分離可能なので、使う際は2つをしっかりと接合し、イヤーフォームを耳の奥に入れる形で本体を挿入します。



大きすぎる音は健康に害を与えるもの。通常の耳栓では工事現場の機械音やクラブの爆音に対して力を発揮できませんが、ISOLATEなら爆音を耳に心地いいレベルにまで低減するのに加え、ノイズをカットすることが可能です。



原材料となるチタニウムとアルミニウムはいずれもハイグレードのものを使用。



チタニウムのボディは少し黒っぽく、仕上がりにも少し違いがあります。耳栓としての能力はアルミニウム製「ISOLATE」よりチタニウム製「ISOLATE PRO」の方がやや高いとのこと。



アルミニウム製のISOLATEは以下のような感じでカラーバリエーションが豊富です。



ISOLATEとISOLATE PROは現在クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで出資を募っているところで、目標額2万5000ポンド(約340万円)のところ、既に12万3000ポンド(約1690万円)以上を集めることに成功しています。ISOLATEは23ポンド(約3200円)の出資からゲット可能で、23ポンドの場合はアルミニウム製の「Aluminium Natural」もしくは「Aluminium Black」を1つ、45ポンド(約6200円)の出資の場合は「Aluminium Natural」「Aluminium Black 」のセットをゲット可能。出資額を増やすとゲットできるISOLATEの数を増やしたり、色つきのものを選べるようになり、チタニウム製の「ISOLATE PRO」は46ポンド(約6300円)からの出資でゲットできます。なお、日本へ発送が行われる場合は送料として別途7ポンド(約1000円)ほど必要な点に注意。

なお、締切は日本時間の2016年8月15日(月)午前7時となっています。