写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハは7月26日、ブルーレイディスクプレーヤー「BD-A1060」を発表した。発売は8月下旬で、希望小売価格は75,000円(税別)。カラーはブラックとチタンの2色。

BD-A1060は、ヤマハのハイグレードブランド「AVENTAGE」のAVレシーバーにマッチするデザインを採用したBDプレーヤー。SACDの再生に対応するほか、アナログ音声出力のバランス伝送を実現するXLR出力端子を備える。

シャーシは、1.2mm厚の鋼板製ベースプレートによるダブルボトム構造を採用。トップカバーに0.6mm厚鋼板を張り合わせることで、制振性能を強化している。

電源トランスは、デジタル系回路とアナログオーディオ系回路で巻線を分離。さらにグラウンドも分離することで、干渉を抑制している。また、AVENTAGEシリーズと共通の音響専用コンデンサーも採用している。

音楽CDやSACDの再生時に利用する「CDモード」を搭載しており、オーディオに関連しない回路をオフにすることで、ノイズの混入を抑える。

本体にBluetoothと無線LANを内蔵。ネットワーク経由では、192kHz/24bitまでのWAV、FLAC、Apple Losslessや、5.6MHzまでのDSDに対応。DSD 2.8MHzまではネイティブ再生も行える。Wi-Fi Directやスマートフォンの画面を大画面で楽しめるMiracastも利用できる。

出力端子は、HDMI×2、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1、アナログアンバランス音声×1、アナログバランス音声×1を装備。HDMI出力は、映像信号の4Kアップスケーリングや、SACDのマルチチャンネル出力にも対応している。本体サイズはW435×D262×H86mmで、質量は3.8kg。

(村田修)