(写真提供=FA PHOTOS)

写真拡大

スポーツ日韓対決を語るとき、見落としがちになるのが在日コリアンの存在だ。日本で生まれ育った在日コリアンが両国のスポーツ界に大きな影響をもたらしている。

例えば戦後の日本に彗星のごとく登場したプロレスラーの力道山。巨漢の欧米人プロレスラーをなぎ倒すその強さに日本国民は英雄と沸きあがり、「日本プロレス界の父」「天皇の次に有名言われた男」と呼んだ。そんな力道山の出身地は実は現在の北朝鮮であり、本名は金信洛(キム・シンラク)だった。

日本に空手を広めた極真空手の創始者・大山倍達も在日だ。日本では漫画『空手バカ一代』の主人公として知られ、韓国でも『風のファイター』としてその人生が映画化されたが、彼も在日だった。

プロ野球や格闘技の世界にも在日アスリートが!!

そして、日本のプロ野球で通算3085安打の記録を達成した強打者・張本勲と400勝を記録した金田正一。日本プロ野球界で、今も伝説の名選手として尊敬を集めるふたりも、在日コリアンだった。

だが、いずれも本名で活躍することはできず、かつてはその出自を語ることさえもタブーとれる風潮があったため、「通名」と呼ばれる日本名で使用して活躍する者も多かった。

最近だとプロレス・格闘技では長州力、前田日明、徳山昌守、秋山成勲などがそうだ。

特に野球は多く、金村義明(元近鉄)、桧山進二郎(元阪神)、新井貴浩(広島)、金城龍彦(横浜)、森本稀哲(元西武)、上田剛史(東京ヤクルト)などが在日であることを公言しているが、野球界では日本名だからわからないだけでかなりの在日選手がいるとされているほどだ。

「あるチームの四番打者に“在日だろ”と聞くと、血相を変えて否定してきた」

「日本の野球界には帰化している選手も含めて在日は多い」とは、阪神タイガースでプレーし、2004年7月に在日であることを公表した桧山進二郎の言葉だ。

現役引退後に『在日魂』という本を発表している金村義明も言っている。

「あるチームの四番打者に“在日だろ”と聞くと、血相を変えて否定してきた。悲しかったけど、それを批判はできない。親が在日であることを隠し、自分がコリアンであることを知らずに育った選手もいるわけだから」

確かにその通りだ。最近は在日コリアン社会も3〜4世が主流となり、民族色も薄れつつある。国際結婚が急増し、コリアンの血を引くが生まれた時点で国籍が「日本」になっているケースも少なくない。

「日本人とか在日だとか、そういうの、野球には関係ない」

そういう状況を考えれば野球界に在日であることを公言する選手が少ないのも仕方がない気もするが、北海道日本ハムファイターズ、横浜ベイスターズ、西武ライオンズで活躍した森本稀哲のように、日本に帰化したが、本名のヒチョルをそのまま使う選手も登場している。

漫画『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王のコスプレをしたり、スパイダーマンのマスクをかぶるなど、楽しいファンサービスでも有名な彼は言っている。

「球界にいると、あの人も在日だよとか聞きますけど、僕は全然まったくわからないんですよ。そもそも、誰が在日とか意識しないし、むしろ自分は“在日コリアンなんだ”と言うのもない。逆に、相手が僕を見て“実は俺もそうなんだ”と言う選手が多いんです。僕としては、在日だからと言ってそんな輪の中に入ろうとは思わない。日本人とか在日だとか、そういうの、野球には関係ない。韓国に住むことは考えてないし、日本も好き。僕は日本で生まれて日本で育ったわけですから」

一見すると、国籍や民族、アイデンティティーには無関心のように見える言葉であり、本人もそれほど「在日」であることを意識はしていないのだろう。ただ、長い日本のプロ野球の歴史で、本名で1軍登録され活躍したのは彼が初めてだ。そう考えると、森本の出現は画期的ともいえるかもしれない。

韓国球界で“野球の神様”と呼ばれる男のルーツ

また、在日野球人たちは、本国・韓国球界の発展にも大きく寄与している。韓国プロ野球が発足した初期、新浦壽夫(元巨人)、石山一秀(元近鉄)、福士敬章(元広島)など多くの在日選手が玄界灘に渡って韓国球界の発展に寄与したし、今も日本プロ野球出身の在日がコーチや監督として活躍している。

韓国でもっとも有名なのは、金星根(キム・ソングン)監督だろう。韓国プロ野球7球団で監督を務め、歴代2位の勝利数を誇り、現在もハンファ・イーグルスを率いる名将だ。

コーチ時代には、あのイ・スンヨプ(巨人)やイム・チャンヨン(ヤクルト)を育て、韓国球界では「ヤシン(野神=野球の神)」とまでされる彼は、日本で生まれ育った在日韓国人2世だ。

永住権を放棄して韓国に戻り、人脈も地縁もない中で韓国球界で生き残り、ときにはその指導法、采配、発言で波紋を呼んできたキム・ソングン監督は、文字通り、たたき上げの“野神”と言える。その雑草根性は、在日魂にも通じるものがあるかもしれない。

日本代表として活躍した李忠成

野球に比べると、サッカーでは本名を名乗り、自分の出自を公言して日韓両国で活躍する選手が多い。朴康造(元神戸ヴィッセル神戸)、安英学(横浜FC)、鄭大世(清水エスパルス)などが代表的だ。

彼らはいずれもJリーグとKリーグの両方でプレー。朴康造は在日コリアン初の韓国代表にまで登り詰めている。

また、李忠成(浦和)のように帰化して日本代表として活躍する選手もいる。李忠成は2008年北京五輪に出場し、11年アジアカップ決勝では華麗なボレーシュートを決めて、日本代表に優勝をもたらした。

そして2016年リオデジャネイロ五輪。京都で生まれ育った在日韓国人3世のアン・チャンリムが柔道韓国代表としてオリンピックの舞台に立つ。
(参考記事:日本で生まれ育ち、韓国で才能開花させた男子柔道の希望、アン・チャンリム

日韓が激しくしのぎを削りあう中で、さまざまな試練と逆境を乗り越え、キラリと光る存在感を放ってきた在日アスリートたち。彼らもまた、日韓スポーツ激突史を盛り上げてきたキーパーソンなのだ。

(文=慎 武宏)