「人工肉」は普及する。たとえあなたがそれを嫌っても

写真拡大

食肉業界の問題を解決しうる「人工肉」。まだ知名度も低く価格も高いが、いずれ価格が下がれば普及することは間違いないだろう。人工肉に関するいくつかの世論調査を紹介。

「「人工肉」は普及する。たとえあなたがそれを嫌っても」の写真・リンク付きの記事はこちら

食肉業界が懸念をもたれていることは有名だ。

飼育時に乱用される抗生物質から耐性菌が生じる問題や、肉食は自動車よりも二酸化炭素を排出するとされる問題(日本語版記事)があるほか、動物たちの処理方法は拷問とみなされることもある。

こうした問題を解決すると期待されるのが、細胞を成長させることでつくられる「人工肉」だ。問題は、まだ味がそれほどおいしくないことと、ハンバーガー1つつくるために33万ドルもするということだ。

「ぜひ試してみたい」

2013年8月、人工肉バーガーが初めて試食されるイヴェントが行われた(日本語版記事)。その前の同年5月には、180人のベルギー人を対象にして人工肉に関するアンケート調査が行われている。

この調査で、人工肉とは何かを知っていたのはわずか13パーセント。半数以上は聞いたこともなかったという。大西洋の反対側では、米国のピュー研究所が2014年4月に行った世論調査がある。培養肉を試してみたいと答えた米国人は20パーセントに過ぎなかった。

ただし、調査を行ったベルギーの研究者が、人工肉がどのようにつくられるかを説明すると、回答者のほとんどが「試してみるかもしれない」と答えた。環境へのメリットについて知ったあとは、「ぜひ試してみたい」と回答した人の数がほぼ倍増した。

RELATED

成否は「肉を食べる人」にかかっている

人工肉はヴェジタリアンには受けるだろう、と思う人もいるかもしれない。しかしベルギーで行われた調査では、ヴェジタリアンの人のほうが「人工肉が不健康である」と考える傾向にあったという。

ブログ『The Vegan Scholar』が行った非公式の世論調査では、人工肉を好ましく思うのは、ヴィーガン(完全菜食主義者)よりもヴェジタリアンの方が多い。培養されたことに対して、あるいは人工肉にも動物細胞が含まれていることに対してヴィーガンたちは反感を覚えるという。

Reddit」や「SurveyMonkey」での世論調査でも同様の結果が出ている。ただし、どの調査も専門家による評価は行われていない。

一方で研究者たちは、人工肉に対するヴェジタリアンやヴィーガンたちの声をメディアが過大評価していると指摘している。人工肉が成功するか失敗するかは、肉を食べない人よりは、肉を食べる人々の肩に──というよりは「口」に──かかっているのだと。

現在普通に肉を食べている人々は、食肉業界で恐ろしいことが行われているかどうかにかかわらず、その価格が下がるまでは人工肉に切り替える理由がない。現状の価格より1,000倍も高価な人工肉バーガーを選ぶ理由はないのだ。

人工肉に取り組んでいる科学者たちは、生産効率が上がることで2020年までに価格を下げて味をよくすることができる、と楽観的に考えている。