CODE-V (上段左から)サンウ、ナロ(下段j左から)ウシク、ルイ、テフン

写真拡大

今年5月にメンバーのルイが除隊しグループに復帰、新たに5人体制で活動を開始したCODE-V(コードブイ)。7月3日・10日の東京と大阪でのワンマンライブを皮切りに、27日には新シングル『君といた夏』をリリースする。今夏、5人が放つのは、爽やかながらも切ないメロディに、彼らが織り成す美しいハーモニーが胸に響く1曲。カップリングにはルイとナロが作曲を手がけたルイのソロ曲『サヨナラ向日葵』も収録されている。リリースに先駆け、5人に話を聞いた。

【画像】CODE-Vの取材の写真を一覧で見る

――ルイさんの復帰公演である恵比寿ガーデンホールのライブを見せていただきました。率直に、5人体制になってみての感触はどうですか?

ルイ「仕事するのが楽しいです。全員面白いし、練習も歌うときも楽しくて、楽屋でも笑いが止まらないです」

――ルイさんは久しぶりのライブでしたが、不安はなかったですか?

ルイ「2年半待っていてくれたファンの中には、昔の姿と比べてパフォーマンスや歌が下手になったんじゃないかと思っている人もいるんじゃないかと思ったので、練習も頑張りました。人前に立つのは久しぶりだったので緊張感が半端なかったです。でも、他のメンバーがいたので無事に最後までパフォーマンスすることができました」

――ここ数年でCODE-Vはすごく変わりましたよね。

ウシク「ソル先輩と活動した3人の時期から音楽のジャンルも含めてすごく新しいテーマにチャレンジしていて、正直な話、ファンの皆さんから“これはCODE-Vじゃない”という意見があったり、認められていないと感じることもあったんです。でも、メンバーみんなそこで負けちゃダメだと思っていて。音楽ってすごく幅広いじゃないですか。その中でCODE-Vがオリジナルで見せられるパフォーマンスと歌の世界で、何が一番いいのかなって探していたんです。もちろん不安もあったんですけど、今も探している途中だと思っているし、これからも変化していくことは怖くないとみんな思っていると思います」

――ライブではオープニングから激しく踊っていて、いい感じに融合したなと感じたんですけど。

ナロ「そのときの疲れがまだ取れてないです」(しみじみ)

(全員爆笑)

サンウ「ふたりが入る前、4人体制だった頃はすごく安定していて、CODE-Vはボーカルグループっていうイメージが強かったんですけども、このふたりが頑張ってやってくれたおかげで、今はアイドル的な要素も増えましたし、もっとそれぞれのいろんな魅力をお見せできるようになりました。さらにルイも帰ってきて、ますますこれからのCODE-Vも楽しみになってきました」

――じゃあ、いつか5人で『DANCIN’ CIRCLE』を踊る日も来るかも。

ナロ「それはない」(きっぱり即答)

(全員爆笑)

テフン「そんなにはっきり言い切らなくてもいいじゃないですか〜」

ナロ「勘弁してください」

サンウ「これから盛り上げるときはしっかり踊りながら盛り上げて、歌うところはしっかりと歌を聞かせるという、そういうバランスはこれからもとっていきたいです」

――そして、いよいよ『君といた夏』が7月27日にリリースなるのですが。「次はバラードで」という話をされたんでしょうか?

ナロ「実はすごく“ぶつかった”ところでした。メンバーはもともとはダンス系の曲をやりたがっていて。新しい形のCODE-Vになって3月に出したカバーアルバム『Love & Harmony』で真面目なところを見せたじゃないですか。だから今回はアップテンポな曲のほうがいいんじゃないかと思ったんですね。ソルが戻ってきて6人揃ったとしたら、きっとまた真面目な感じでやるんだと思うし。ただ、スタッフさんは夏だからこそ伝えられる切ない曲をやってみるのはどうって言って、そこですごくいっぱい打ち合わせをして生まれてきた曲です」

――好きな歌詞はありますか?

テフン「最初の『♪会いたいできるなら もう一度あの夏の日』という歌詞が、この曲で伝えたい気持ちをよく表現できるフレーズだと思うので、そこが一番僕は好きですね」

ナロ「みんなでハモるところだし、すごくインパクトのあるメロディと歌詞だと思います。バランス的にちょうどいいメロディだと思います」

ウシク「自分のパートですけど『♪あの曲がり角曲がったら 君に会える気がしてるんだ』って歌詞が、誰でも1回くらいは人生でそういう経験があるんだろうなって思って。共感しやすいんじゃないかなと思いました、切なくて」

ルイ「僕は『♪思い出す 雨の匂いする度に』。雨の匂いは夏の感じがするじゃないですか。毎年夏は来るのにその匂いがする度に彼女のことを思い出すって印象的だったので、その歌詞が好きです。ロマンチックですね」

サンウ「僕は全体的に好きなんです。ルイが言ったようにこの曲を聞いたら雨上がりの風景だったり、そういう風景が浮かんでくるような誰でも共感できる歌詞だと思います」

――ジャケ写も素敵ですよね。

ナロ「“ぶつかった”ところでしたよ(笑)。伝統的すぎて、日本の夏というイメージはあるんですけど、もうちょっと爽やかさを出したほうがいいんじゃないかと思ったんです。でも、スタッフさんがこれはどう? ってアイデアを持ってきてくれて。そうやってぶつかりながら誕生した1枚です」

――ナロさんはもっとどうしたかったんですか?

ナロ「結果すっごく満足してるんですよ。でも、せっかく若いふたりも入ってきたし、もっと歳をとる前に、ギリギリまですごく爽やかなのをやりたいなと思って」

サンウ「夏って言えば日本では、花火とかお祭りでカップルで歩きながらいい思い出を作ったりする風景だったりするので、この曲はそういう風景が思い浮かぶ曲だと思ったんです。自分たちの浴衣姿の写真を見て、『この浴衣姿は本当に素敵だ』って、すごく気に入ったんです。これをファンの方々に見てもらうのがますます楽しみになってきたし、こういう雰囲気を見ると、それぞれの夏の思い出とか思い浮かぶじゃないですか」

――ミュージックビデオ(以下、MV)の撮影のエピソードはありますか?

ウシク「屋上の撮影だったんですけど」

テフン「1階まで下が全部見えるんです」

ウシク「アミアミになっていてすごく怖くて。今回のMVは日が落ちる前に撮らなきゃならなかったので、眩しいんですけど目を開けて、演技しながら歌ったのがすごく思い出深いです。集中しづらい環境だったんですけど、それにみんな負けないで、良い作品になったんじゃないかと思います。

――渋谷の撮影は大変じゃなかったですか?

ルイ「渋谷は人が多いじゃないですか。だから朝4時から準備して(笑)」

ウシク「MV始まる時のルイ先輩の表情を見たらちょっとぼーっとしてる」

テフン「半分寝てましたよ」

ナロ「もうこんな感じ。(「会いたい〜」って真似しながら)どこ見てるかわかんない(笑)」

ルイ「撮影した時間が5時20分くらいで、でもその時間から人が少しずつ集まって、隣で酔っぱらった人が走ってたり。(全員大爆笑)もう本当に集中できない感じで。眠いし」

サンウ「ルイはいつも写真撮ったり動画撮ったりすると目つきが強くなるんです。でも、その時はそれがすごく柔らかく切ない感じになって、すごく良かったです」

ルイ「それもスタッフさんが狙ってたみたいです(笑)」

――『サヨナラ向日葵』はどのように制作されたんですか?

ルイ「韓国で入隊中にギターで作った曲です。軽く作っていてデモとして持っていた曲だったんですが、今回シングルを出す時にプロデューサーさんが僕のソロ曲を収録したいから、もし作った曲があったら持ってきてって言って、この曲を聞かせたんです。でも、その時は完成していなくて、ちょっとなんか足りないなと思ったのでナロに相談したらアイデアを出してくれて、いい感じに作ることができました。

歌詞は書いてないんですけど、全体的な雰囲気や内容を作詞家に相談して、完成しました。この曲、最初はもっと寂しかったんですけど、ナロがコーラスを手伝ってくれて、曲の構成がちゃんと見える曲になったので感謝してます」

ナロ「テーマのある曲を先にルイが作ってきて、それ以外のところをみんなで話し合いながら作りました。ちょっといらないところを変えたりして作った曲です」

――みなさん、曲はどういう時に作ってるんですか?

ナロ「暇な時。“あ〜、暇だな曲でも作ろうかな”って」

サンウ「僕もだいたい同じですけど、映画見たり、本を読んだりしたあとに思い浮かんだ風景を描いたり。うまくいかないこともありますけど」

ウシク「最近ナロ先輩に教えてもらって、すごく“さすがだな”って思いつつ、でも作ろう! ってしたらよく作れなくて。普段から思いついたメロディがあったら携帯に録音しておいて後で歌いながら作ってみたりしています。まだ最後まで完成させたものはないんですけど、これから先輩たちに教えてもらって、オリジナル曲をやっていきたいなと思っています」

テフン「僕もたまに曲を書いたりするんですけど、やっぱりスケジュールもずっとあるし、作ろうって思ってやっちゃうと次の日がつらくなったりするので。僕も暇な時とかやりたくなった時とかにやるようにしています」

サンウ「移動が結構多いので、移動中にその風景に合うメロディを録音したりして、家に帰ってからピアノを弾きながら作ったり、そんな風にもしています」

『君といた夏』にかけて一問一答!(一部解説あり!)

Q1.夏といえば?
テフン:氷
サンウ:扇風機
ウシク:ビキニ 
ルイ:絶叫マシン
ナロ:屋台で飲むお酒

Q2.夏の思い出は?
テフン:旅行。友達と行った海とか
サンウ:釣り
(ウシクから「サンウ先輩はケータイのゲームです」とのツッコミ)
ルイ:絶叫マシン(先日ナガシマスパーランドでメンバーと乗ったのが本当に楽しかったそうです)
ウシク:秋葉原
「夏にコスプレする人が集まるフェスみたいなものがあってみんなすごくクオリティが高い。アニメが好きだからすごく楽しくて、あと夏だとそういうイベントでもビキニ着ている女性が見られる!!」
ナロ:BLESS(CODE-Vの前身のグループ)が出来たのが夏でした。2007年の夏。

Q3.今年の夏の野望は?
サンウ:釣りに行きたい! 釣り堀でもいいから。
テフン:メンバーと遊びに行ったことがないので、みんなとプライベートでの思い出を増やしていきたい。
ウシク:家の外に出たい(笑)。(ルイ曰く「ご飯に誘っても来ないじゃん」。ナロ曰く「インドアの中のインドア、家でもリビングにも来ない。いつも俺の部屋か自分の部屋にいる」。サンウ曰く「僕もインドア派だけど僕よりひどい」と総ツッコミが。本人曰く「買い物も行かない。トイレットペーパーがなくなったらテフンが買ってきます」)
ルイ:このメンバーで外国旅行がしたい。(「行かない(笑)」と即答したウシクに全員大爆笑)
ナロ:『ポケモンGO』(※)が日本でいつリリースされるかわかんないけど、ポケモン捕まえにみんなで行きたい。(ウシクがまた「行かない(笑)」と即答。「家でやります」と言ってみんな爆笑)
※編集部注:インタビューは『ポケモンGO』リリース前に行われました

Q4.雨で思い出すことは?
テフン:キムチチヂミ。韓国では雨が降ったらキムチチヂミを食べるんです。昔お母さんがよく作ってくれたんで、いつも思い出します。
サンウ:縁側。小学生の頃、縁側がある家だったので、そこで大好きなおばあちゃんが料理を作ってくれたのを食べたり、昔話をしてくれたりしたので。
ルイ:スイカ。CODE-Vに入る前、一緒に合宿してた時に夏に冷房もなくて、扇風機も1個しかなかったんです。それでスイカの中身を全部食べて皮を冷凍庫に入れておいてそれをかぶるとすごく涼しくなります。
ウシク:車。昔、家の事情でおばあさんとふたりで暮らしていた時にあんまりお金がなくて、靴下が3足くらいしかないのに雨が降ると乾かないので困りました。そういう時、売れたら濡れないように車に乗りたいって車の雑誌を見てました。8歳くらいでした。
ナロ:虹。子どもの頃、雨が降ると虹を楽しみにしていた記憶があります。そんなにしょっちゅうは見られなかったんですけど。

Q5. 復活愛はあり? なし? その理由も
ウシク:なし。恋愛する時はすごく真剣に先の先まで考えて付き合います。だらか、『別れよう』と言ったにせよ言われたにせよ、そこでその絵(未来図)が全部壊れてしまう。だから復活愛はナシ。
サンウ:なし。ケンカして『別れよう』って言葉が出た時点で終わり。1回出たら癖になってしまってケンカのたびに繰り返しそうで。
テフン:なし。(『別れよう』って)言葉が出た時点で終わりだと思うし、ケンカって片方だけが悪いってことはないじゃないですか。問題が起きて解決できるなら続けられると思うし、それで別れちゃったなら、また同じ問題で別れようってなると思う。
ルイ:なし。一回壊れた信頼はもう直らないです。
ナロ:あり。チャンスはあると思います。すごくお互いがんばって愛していて、それで別れようってなっても結局思い出すわけじゃないですか。他の人を探してみたりしても、どうしても前の相手が本当に良かったって思ってしまうかもしれないじゃないですか。お互いによく知っているからそういうチャンスはあるんじゃないかなと思います。