『ドクター・ストレンジ』ポスタービジュアル (C) 2016 Marvel.

写真拡大

ベネディクト・カンバーバッチ主演で、マーベル史上最もミステリアスとも言われるヒーローの誕生を描く『ドクター・ストレンジ』。この映画のポスタービジュアルと常識を覆す驚愕の最新映像が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ドクター・ストレンジ』特報

カンバーバッチ扮する主人公のストレンジは、不慮の事故で両手の機能を損ってしまった天才脳外科医。両手を治して天才外科医としての人生を取り戻そうと様々な治療を試みるが、どの治療も完治する見込みなく、財産も使いはたしてしまう。さらに、天才外科医としての華麗な経歴から、職を失い堕落した後もアイアンマンのトニー・スタークさながらの上から目線は治ることなく、周囲の人々からも見放されてしまう。

解禁となった特報では、ストレンジが事故に遭い、完治する見込みのない傷を負う中で、どんな傷も治せるという魔術師のもとを訪れ、魔術を教わるシーンが描かれている。やがて、魔術を身に着けるようになった彼は、強大な敵の登場と兄弟子的な存在であるモルドーの「(世界を救えるのは)お前しかいない」という言葉に「私には不可能だ」と悩みながらもヒーローとして目覚めていく。

強烈なのが、空間を自在にねじ曲げたり、壊れた街をまるで巻き戻しでもするかのように再生したり、天地が全くわからないような形で高層ビル群を組み替えたりといった、まるでだまし絵のようなビジュアル。

この映像をいち早く鑑賞したのは、世界中から毎年50万人を動員すると言われる、世界最大級のポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」に集まった観客たち。会場では『ドクター・ストレンジ』の特報上映が終了するやいなや、その驚きと興奮で会場中が大歓声に包まれていた。

本作についてストレンジを演じるカンバーバッチは「(今までの映画とは)スケールが全く違うよ。今までに演じてきた(アイコン的な)キャラクターとも全く違う。ストレンジは自分が社会的にも人間的にも上の方にいると思っていて、それに自信を持っている。でも、事故で全てを失った時、自分には何もないことに気がつくというストーリーなんだ」と役柄について語ると、「僕はこんなにも大勢のファンの前に立ったことはないと思う。しかも彼らは『1日中並んでいた』って聞いて、本当にすごいって思ったし、彼らと一緒にこの特報を初めて見たんだけど、少しでも喜んでもらえたらいいなと思っているよ」と集まったファンへお礼の言葉を述べていた。

『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]ベネディクト・カンバーバッチがファンのニコ生コメントに大興奮
ベネディクト・カンバーバッチが人種差別用語使用で謝罪「自分の愚かさについて弁解できない」
「もっと重要なことを」ベネディクト・カンバーバッチがパパラッチに抗議のメッセージ
ベネディクト・カンバーバッチが謎の赤毛女性とラブラブ手つなぎ、本命は彼女!?