25日、韓国メディアは、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題により、中韓関係と中朝関係が180度変わったと伝えた。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年7月25日、韓国・JTBCは、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題により、中韓関係と中朝関係が180度変わったと伝えた。

ラオスを訪問中の中国の王毅(ワン・イー)外相は24、25日に韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と相次いで会談した。

王外相は尹外相との会談で、「最近の韓国側の行為は双方の信頼の基礎を害した」と述べ、THAAD配備の決定を批判。さらに、関係再構築に向けた実質的な措置にまで言及した。これに対し、尹外相はTHAADが「自衛的防衛」である点を強調し、「北朝鮮の核問題を根本から解決しなければならない」と主張した。

一方、中朝会談の雰囲気は180度違ったという。王外相は李外相を喜んで迎え、肩に手を置くなど親密さをアピールした。王外相は「中朝関係発展のため努力する用意がある」と述べ、李外相も「両国の親善のために積極的に協力する外交関係を結びたい」と発言した。また、中国は中朝会談の冒頭を韓国メディアに公開する異例の対応を取ったという。韓国のTHAAD配備により中朝関係が急速に進展したことをアピールしたものとみられている。中韓関係と中朝関係が今後、対北朝鮮制裁の構図にも少なからぬ影響を与えるとの声も多いという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「韓国も言いたいことを言おう。THAADの次は核を開発すると」
「中国は、経済は発展したかもしれないが、秩序や人格の面はまだまだだね」
「中国は初めから、友達ではなく、言うことをよく聞く子分が必要だったんだ」

「中国と国交断絶することになっても、国の安保が最優先」
「むしろ正常な状態に戻ったのでは?昔からロシアと中国は北朝鮮、日本と米国は韓国の味方だった。いくら中韓の関係が良くなっても、中ロ朝関係は変わらない」
「米国との同盟関係をより強化しなければならない。韓国を守るために血を流してくれた国だ。中国は1度も、朝鮮戦争について謝罪したことはない」

「THAADじゃなくても、韓国が少しでも気に障る行動をしたら、中国は同じような態度を取っていただろう。そもそも、中国がちゃんと北朝鮮を孤立させていたら、韓国にTHAADが配備されることはなかった」
「こうなることくらい予想していたはず。もちろん何か対策は考えてあるよね?」
「中国に気に入られようとゴマをすり続けてきた結果がこれ?」(翻訳・編集/堂本)