東京羽田空港3階の出発ロビーに向かうエスカレーターの真ん中あたりで振り返ると、運転手がまだドアの所に立って、私にお辞儀をしているのが見えた。彼は遼寧省大連市出身で、日本で20年近く暮らしている。資料写真。

写真拡大

東京羽田空港3階の出発ロビーに向かうエスカレーターの真ん中あたりで振り返ると、運転手がまだドアの所に立って、私にお辞儀をしているのが見えた。彼は遼寧省大連市出身で、日本で20年近く暮らしている。中国人におじぎをされたのはこれが初めてで、少し戸惑いもあったが、日本の良いサービスやマナーに感化されていて感動も覚えた。新華思客が伝えた。

日本に数日滞在している間に経験したことは、経済発展だけでなく、社会の発展の全ての面において、中国と日本の差は依然として大きいことを証明していた。中国に何が足りないのかを冷静に判断し、ライバルである日本の長所を発見することは、シンクタンクの学者としての知恵と責任を試されていると感じた。

私は普通の旅行記のように東京は街中がどれほどきれいで、ゴミは分類され、都市の配置がどれほど合理的で、店のおもてなしがどれほど行き届いているか、トイレはいやな臭い一つしないなどと、並べ立てるつもりはない。一つの例を挙げるだけで十分だ。2014年、日本を訪問した中国人観光客は前年比82%増の220万人、15年にはその2倍以上の500万人に達した。15年に日本を訪問した外国人観光客のうち、25%が中国人観光客だった。しかし、その観光支出は全体の半分近くを占め、中国人観光客の3分の1が「リピーター」だ。さらに、日本に行った中国人観光客のほとんどが帰国後、「日本はいい。好印象だったし、物も高くない」と口を揃えて語る。

中国人観光客のそのような評価は、発展中の中国に不足している点を教えてくれる。07年以降、日本を嫌う中国人の割合は4割弱から9割近くまで増えた上、中国のネット上では、日本へ行く中国人観光客は「意気地がない」、「根性が悪い」などと批判する声が無数にある。将来中国がさらによくなることを信じる理由は無数にあるが、現在、中国人観光客がなぜ日本に押し寄せ、日本で他の国の観光客よりたくさんお金を落として帰っているのかに迫る「研究報告」が必要だ。

答えは簡単ではないが、日本が歴史に向き合おうとしないために憎しみを覚え、それが原因で「ライバル」の長所が見えなくなるようなことがあっては決してならないと、自分に注意喚起しなければならない。実際の日本を見ることは、近年、国力の向上ばかりに目を留めてきた中国人が、冷静に、ハングリー精神を保ち、自分をふり返ることにつながる。

日本は中小国家であるにもかかわらず、かつては世界2位の経済体で、その経済や技術は今なお世界でトップクラスで、いまだアジアを牽引している点に目を向けると、中国人は日本人に対して敬意を示す度量の大きさがなければならない。日本が歴史を歪曲していることへの憎しみがあったり、外交に二面性があることを批判したりしていても、その種の敬意を持つこととは矛盾しない。

日本の国土は約37.8万平方キロメートルで、中国の約25分の1。そのうち農業や居住に適しているのは5分の1以下で、山が多い。それでも、日本は1億人以上の人口を抱えている。しかし不思議なことに、東京や大阪、京都などの街では香港のようにごちゃごちゃしていると感じることはない。ある日本の友人は、「日本の都市の地下は掘りつくされている。複数階ある地下もあり、地下鉄に乗って、地下のスーパーで買い物し、ビルの間を少し行き来すれば、全く問題なく普段の生活や仕事ができる」と話していた。中国国内をみてみると北京地下鉄では、乗り換えをする時、一度地上に出て、また地下に入らなければならない箇所もあり、その設計を批判する声も多い。一方、日本人は都市空間を合理的に利用している点において優れていることは間違いなく明らかだ。

日本の細やかさが極限にまで達している点に、多くの中国人はそれに温かい感情さえ抱く。中国のある有名な雑誌は最近、「日本風物記」と題する特集を掲載し、数十ページを使って、「中国では『大きい』ことが『美』とされ、大きな山、大きな川、スケールの大きさ、大々的なハッピーエンドなどを好む。一方、日本では『小さい』ことが『美』とされ、小さな山、小さな花、小顔、小鳥、小さな幸せが好まれる」ことを説明した。

「このような『小さな』美は、中国人の心を打ち、日本に完全に魅了されてしまうこともある」。小説家・東野圭吾の大ファンである友人は、「日本の作家の描く世界には血や骨の髄に至るまで細かさが行き届いており、確かに『小さな幸せ』を感じさせてくれる」と話していた。日本の都市や村のどこに行っても、日本人は隅々までうまくスペースを利用していると、私や同行の先輩、友人らは何度も驚嘆していた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)