田保橋淳展『曼陀羅妖華』

写真拡大

「開学70周年 金沢美大同窓会 金の美大展覧会」参加展
田保橋淳展『曼陀羅妖華』

銀座・Art Gallery M84にて、2016年9月19日(月)から、田保橋淳展『曼陀羅妖華』が開催される。

デジタル版画で作品作りをする作家は少ない。田保橋淳は、この世界の第一人者であり17年の間制作に取り組んできた。

今回の個展は「開学70周年 金沢美大同窓会 金の美大展覧会」参加展としての開催。見ごたえがある作品が並ぶ。

<作家の一言>
曼陀羅作品の個展も12回目になった。曼陀羅というテーマは変わらないけど、毎回違った表現造型はを追求してきた。しかし展示形式は、いくつかの例外を除いて同じサイズで、フレームレス、デジタルプリント、画面のレイアウトなども一定にした。テーマが変わらないし、作品形式も同じだから、みんな同じに見えて、マンネリとかタイクツだとか、お叱りを何度もうけた。しかし変化をつけたりすると自分で自作を評価することになる。作品の良し悪しは、ご覧になる方の直接的な判断によるものであって、制作者や解説者が強要してはいけないのではないか。だから今回もフラットな会場構成になった。
田保橋 淳

<会場>
Art Gallery M84
東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階

<展示作品数>
約30点
展示作品は全て購入可能

<開催日時>
2016年9月19日(月)〜2016年9月24日(土) 
10:30〜18:30(最終日17:00まで)

<休館日>
日曜日

(2016年7月22日時点の情報)