25日放送の「痛快! 明石家電視台」(毎日放送)で、阪神タイガースの選手と女性アナウンサーとの結婚話が浮上しない理由が明らかになった。

番組では、「埼玉西武ライオンズ・菊池雄星投手(25)が深津瑠美アナウンサーと結婚した」という話題を取り上げた。この話に独身の元阪神・赤星憲広氏(40)が、なぜ野球選手は女子アナとばかり結婚できるのか疑問を口にする。

赤星氏は「野球選手イコール(結婚相手は)アナウンサーってイメージがありますよね」と確認しつつ、自分の周りでは「まったくそんなんない」と実情を明かした。すると明石家さんまが、阪神タイガースは誰も女子アナと結婚していないと指摘。さんまはこの現象を「野球界の七不思議」だと表現した。

赤星氏は、そもそも関西の女子アナが球場に来ることはないと語る。また、毎日放送所属の豊崎由里絵アナウンサーは、関西にはスポーツ番組が1つしかなく「スポーツ担当の女子アナっていうのがいない」のだと説明した。

甲子園球場に来るのが男性記者ばかりだったと嘆く赤星氏に、芸能レポーターの長谷川まさ子氏は、番記者に意中の女子アナを紹介してくれとお願いすれば良いとアドバイスするも、ロザン・菅広文が「もう遅いですわ!」とツッコみ笑いを誘っていた。

【関連記事】
土田晃之 野球選手と女子アナの出会い仕切る仲介役の女子アナを暴露
NHK契約女子アナの悲惨な実態を暴露? 東京から来た男子アナの取り合いに
女子アナがイジメの実態を告白「地方にいけばいくほど陰湿になっていく」