23日、江蘇省無錫市では亜熱帯高気圧の影響により、連日最高39度という高い気温が続いている。その路上の暑さを利用して鶏卵をふ化させる露店まで出ている。

写真拡大

2016年7月23日、江蘇省無錫市では亜熱帯高気圧の影響により、連日最高39度という高い気温が続いている。中国メディア・網易が伝えた。

【その他の写真】

日中の道路上の気温は50度を超え、ひよこを販売している露店の中には、その暑さを利用して鶏卵をふ化させる店も出ている。

中国のネットユーザーからは「かわいいよね。もう2カ月もすると、ケンタッキーのメニューに上がってくるよ」「めんどりはがっかりだろう」「おいしいかもしれないけど、気持ち悪い」「みんなこんな毛ごと食べちゃうの?」といった声が上がっている。(翻訳・編集/岡田)