“子宮美人”や、“子宮力”という言葉をよく耳にするようになった昨今。子宮は、自律神経やホルモンのバランスを安定させる大事な臓器。また、将来妊娠を希望する女性にとって、非常に重要な役割を担う臓器でもあります。そんな子宮を健康に保つために体を温めたり、ヨガをしたりする方は多いでしょう。

一方でジワジワと注目を集めてきているのが、生理中に使用する“布ナプキン”。布ナプキンを使うことで子宮を温め、労わっている方が増えているようです。

しかし、その使い方やお手入れ方法がわからないからと、「気になっているけれど、なかなか試せずにいる」という方も少なくありません。そこで今回は、布ナプキンにまつわるさまざまな疑問にお答えします。

■1:布ナプキンにはどんな種類があるの?

布ナプキンには、大きく分けて3つの種類があります。羽が付いていてショーツに固定できるもの、四角く折りたたんで使用するもの、パッド部分を交換できるものです。

経血の量や、運動量などに合わせて選ぶと良いでしょう。

■2:布ナプキンの取り替えはどうするの?

布ナプキンは、紙ナプキンやタンポンと違い、捨てずに洗って再利用します。外出先で交換が必要な時は、使用済みの布ナプキンをジッパー付きビニール袋に入れて密閉して持ち帰りましょう。

■3:布ナプキンの臭いは大丈夫?

経血を吸収した布……。臭いが心配ですよね。ですが、生理特有のあの臭いは、紙ナプキンのケミカルな成分と経血が混じり合うことでも発生しています。それゆえ、布ナプキンに変えたことで臭いが軽減したという声もあります。

■4:布ナプキンをどうやって洗うの?

使用済みの布ナプキンは、つけ置き洗いが基本。まず、水の中ですすぎ、セスキソーダと重曹、水を入れたバケツに数時間〜一晩つけて、もみ洗いをしてから洗濯機洗いをします。

綿素材の布ナプキンを使えば、温め効果で骨盤内の血流がUP。気になっていた方は、これを機に一度試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

1日1分押すだけで…子宮力UP!イライラ抑え妊活へ導く「耳つぼ」