日の入り時刻が遅い夏の間は夜7時近くでもまだ明るく、仕事が終わったあとそのまま家に直行するのにはもったいないかもしれません。そんな夕刻を有効に活用しようというのが、「ゆう活」です。ゆう活をうまく活用すれば、スキルアップやダイエット、美容の幸運を引き寄せるのに、絶好の機会なんです。

今回は「ゆう活」を、女性たちがどんな風に活用すればいよいのか、ご紹介しましょう。

■厚労省も勧める”ゆう活“とは?

ゆう活とは、夏の間長くなる、日が出ている明るい時間帯を有効に活用しようという取り組みを言います。最近では、出勤時間を朝早い時間にすることを奨励する企業が増えたり、フレックスタイム制を導入しているところも多くなったりと、仕事の時間を早い時刻にシフトしようする動きが社会全体でもあります。

そんな背景を受け、厚生労働省でも昨年から「ゆう活」を推進しているのです。

では、女性にとっておすすめの「ゆう活」をご紹介しましょう。

■心のゆとり作りに!ゆう活のススメ3つ

(1)ひとり時間を楽しむ

まず毎日忙しく過ごす女性ならば、第一に確保したいと思うのが、自分のための時間。仕事を早く終えられたのなら、時間を気にせずに好きなものをゆっくりとウィンドウショッピングしたり、夕食にちょっとだけ手のこんだ料理を作ったり、自宅に帰ってからもバスタイムをリッチにしたり、楽しみがたくさん広がることでしょう。

そんな精神的なゆとりが心に溜まったストレスを解放し、お肌や身体の調子を整えてくれることは間違いないでしょう。

(2)習い事をはじめる

新しい趣味を見つけたり、スキルアップを目指して習い事を始めるのも、ひとつのゆう活。ビジネスに直結する資格を取得するための勉強をはじめてもよいし、オフの時間を楽しむための習い事をはじめるのもよいでしょう。

仕事以外の時間で充実したひとときを過ごせることは、ハリのある人生をもたらしてくれるはずです。

(3)スポーツの時間にする

運動をしたくても忙しいことを理由にしていた方は、スポーツジムやヨガクラスなどの運動時間を作ってみてはいかがでしょう。定期的に通うレッスンを始めれば、間違いなくダイエット効果が期待できるでしょうし、ストレスを発散できることは身体の健康だけでなく、私たちのメンタルにもきっとよい影響を与えてくれることでしょう。

普段は知り合えない人と接する機会がゆう活でできれば、それが新しい男女の出会いになることだってあり得ます。プライベートの時間が充実すれば、女性はイキイキして輝いていくはずです。そんなゆう活を、この夏試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

薬剤師が警告!年を取るごとに「病気・ストレスを招く人」悪習慣3つ