鈴木マサルが初の著書を出版 12年間のブランドの軌跡を辿る

写真拡大

 鈴木マサルが、初の著書「鈴木マサルのテキスタイル」(誠文堂新光社)を8月5日に発売する。価格は税別2,200円。自身が手がけるテキスタイルブランド「オッタイピイヌ(OTTAIPNU)」の立ち上げから現在までの12年を1冊で辿る。 鈴木マサルが初の著書を出版の画像を拡大

 「鈴木マサルのテキスタイル」では、オッタイピイヌで発表したアイテムをほぼ収録。デザインの考察やアイデアスケッチ、2012年に始まった傘の展覧会などのほか、今年の新作で10年ぶりに手がけた顔料プリント印刷の工場や、フィンランドで自身が初めて訪れた工場の様子を掲載する。発売を記念して、青山ブックセンターでは9月10日にトークイベントが開催される。■「鈴木マサルのテキスタイル」刊行記念「テキスタイルの未来を考える」トークイベント日時:2016年9月10日(土)18:00〜19:30(開場 17:30〜)会場:青山ブックセンター本店内・大教室定員:110名入場料:1,080円(税込)参加方法: [1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。 [2] 本店店頭にてチケット引換券を販売。 ※電話予約は行っておりません。受付時間:10:00〜22:00(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内)受付開始日:調整中