26日、韓国メディアは相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件を速報で伝えた。このニュースは韓国で大きな注目を集め、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の報道。

写真拡大

2016年7月26日、聯合ニュースなどの韓国メディアは相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件を速報で伝えた。

26日午前2時30分ごろ、神奈川県相模原市にある障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った20代の男が侵入し、暴れていると110番通報があった。少なくとも19人が死亡、20人が重傷を負ったことが確認されている。

20代の容疑者は同日午前3時ごろ、相模原市津久井警察署に「私がやった」と出頭した。男は事件が発生した施設の「元職員」と述べているという。警察は男を殺人の疑いで緊急逮捕し、当時の状況や動機などについて調査を進めている。

このニュースは韓国で大きな注目を集め、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「銃でもない刃物で19人が死亡…。恐ろしい」
「障害者には何の罪もないのに」
「静かな日本でこんな事件が起こるなんて!信じられない」

「最近、世界がおかしくなっている。犠牲者のために祈ろう」
「戦国時代の話かと思った」

「抵抗できない人たちをターゲットにするなんて!本当に卑怯だ」
「犯人はゲームのし過ぎ!ゲーム感覚で人を殺したのでは?」
「職員らは何をしていた?刃物を持った男が危険で恐ろしいということは分かるが、それでも何かできたのでは?」

「世界で1番安全な国は韓国かもしれない」
「人類は1度、地球をリセットしなければならない」
「日本はきっと犯人に死刑判決を下すだろう。韓国だったら、そのような惨劇を起こした人にも国民の税金で食事を与え、死ぬまで面倒を見る」(翻訳・編集/堂本)