食の細い子どもにしっかり食べさせるには? 脳をだます、簡単な2つのコツ

写真拡大

わが子の食が細くて心配しているママはいませんか?

ご飯を食べて死亡!? 想像以上に身近な“乳幼児の窒息事故”

他の子より体が小さかったりすると、食べないからだと心配になりますね。

今日は『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、食の細い子にしっかり食べさせるコツをお伝えします。

食が細いとダメなの?

親としては、一生懸命栄養バランスを考えて作っているのに、食べる量が少なかったり、残す量が多かったりすると、栄養不足や、栄養が偏ったりするのではないかと心配になりますね。

特に、他の子より小さかったり、平均身長や体重より低かったりすると、健康面に不安を持ってしまいます。

でも、小柄でも、元気に動き回っているなら、少食でも効率よくエネルギーを生み出せているのでしょう。

幼児期の成長の早さは、精神的にも肉体的にも個人差がとても大きいです。

早く成長してあとゆっくりという子もいれば、ゆっくり成長してあとで急激に伸びるという子もいます。

子どもの食が細いことで、子どもに覇気がないとか、ジッとしていることが多いとか、よく病気になるということでなければ、それほど心配することはないでしょう。

食に関しての意識が芽生えるのは、12歳頃からだと言われているからです。

食の細い子には盛り付け方で脳をだまそう

とは言っても、親としてはできるだけ食べてほしいですよね。

皆さんは子どもの器やお皿を、食べ物の量が少ないからと、小さいものを使っていませんか? 実はこれが曲者なのです。

小さなお皿で、お皿が見えないほど食べ物がのっかっていると、量がとても多く見えてしまいます。食べることに興味のない子は、山盛りに盛られた食べ物を見ただけでうんざり。全部食べられるかどうか不安になり、食欲も失せてしまうのです。

そこで、お勧めするのが脳をだますこと。

高級なフランス料理では、大きなお皿の真ん中にチョコンと料理が盛り付けてあって、一見量が少なそうに見えませんか? 一瞬「これで足りるかしら?」と思ってしまいますが、食べてみると結構満腹になりますよね。

同じ量でも、小さな器に盛り付けるより、大きなお皿に盛り付ける方が少なく見えます。

食の細い子には、この視覚効果をねらいましょう。

お弁当などの場合も同じです。小さなお弁当箱にギュウギュウに食べ物が入っていたら、蓋を開けた途端に「うわー」となってしまいます。むしろ少し大きめのお弁当箱にスカスカに見えるくらいふんわりと詰めるのがコツです。

ダラダラ食べさせずに時間を区切る。時間がくれば途中でも切り上げる

そしてもう一つは、時間を区切ってしまうことです。

食に興味のない子は、食べる時もダラダラしがち。

食べる量が少ないと後でお腹がすくだろうとか、栄養を取らせなくちゃと、時間をかけて食べさせていませんか?

でも、食事の時間はしっかり区切りましょう。

時間になったら、子どもが食べ終わっていなくても片付けてしまうのです。後でお腹が空いたといっても、食べ物は与えないようにしましょう。

そうすると、しっかり食べておかないと後でお腹がすくとわかるようになります。

実際、お腹が空くことが多くなれば、食事量も増えていくはずです。

いかがですか?

食べることに興味がない子に何とか食べさせようと「しっかり食べなさい!」「早く食べなさい!」と叱りながら食べさせるのはかえって逆効果。ますます食事に興味を失くしてしまいます。

盛り付け方を変えて、さらに食事の時間をしっかり区切りましょう。