最後の1人は時松隆光に決定!(撮影:上山敬太)

写真拡大

 7月29日(金)より3日間の日程で開催される「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」。保留となっていた最後の1人に、「ダンロップ・スリクソン福島オープン」を制した時松隆光が選ばれた。
【関連写真】初優勝後仲間たちから手荒い祝福を受ける時松隆光
 時松は同大会最終日の優勝決定後の夕方頃に、電話で受けた本大会の出場オファーを承諾。福岡に帰る予定を変更し、急遽今大会の舞台である北海道入りした。26日(火)からさっそく練習ラウンドに入るという。
 「日本ツアー史上最高となる優勝賞金1億円の試合に出場が決まって嬉しく思います。海外メジャー挑戦という夢の扉を開くきっかけにできるよう、1回戦から思い切りぶつかっていきたいです。マッチプレーは高校3年生の日本アマ以来久しぶりなので、試合をするのがとても楽しみですね」とコメントした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ダンロップ・スリクソン福島オープン 編】
ザックリしない!ダフらない!最新高機能ウェッジ
苦戦続く松山英樹が恩師に“怒ってますか?”と連絡!?