再生医療の発展に貢献するチャンス(画像はイメージ)

写真拡大

2016年7月8日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、これまで京都大学でのみ実施していた、iPS細胞ストック用の細胞採取(採血)を、医療法人財団医親会海上ビル診療所でもおこなうと発表した。

海上ビル診療所は、東京駅中央口に近くの東京海上日動ビルディング内にある、東京海上グループの提携医療機関。

体を構成する細胞には、自分と他人を見分けるための遺伝子「HLA(Human Leukocyte Antigen、ヒト白血球型抗原)が存在する。HLAは両親の遺伝子に由来し、通常は父方由来と母方由来のHLA型は異なるが、まれに、両親からそれぞれ同じHLA型を受けついでいる「HLAホモ接合体」を持つ人もいる。

HLAホモ接合体の細胞は、より多くの患者に移植可能なiPS細胞を作製できる可能性が高く、CiRAは、HLAホモ接合体を持つ健康なボランティアから採血し、その血液細胞をもとに医療用iPS細胞を作製し保存する「再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト」を進めていた。

これまでは採血可能な場所が京都大学医学部附属病院に限られていたが、海上ビル診療所での採血が可能になったことで、関東地方在住のHLAホモ接合体を持つボランティアの協力が得やすくなるという。

だれもが自由に採血できるわけではなく、「骨髄バンク」のドナー登録者や、「臍帯血バンク」への臍帯血提供者、日本赤十字社の献血会場で血小板成分献血をしたことがある人で、HLAホモ接合体であることが判明した場合、研究協力の案内文が日赤から送付される。その上で、研究への協力をCiRAに申し出た人が、採血の対象者となる。

(Aging Style)