来日するウィル・スミス(左)、マーゴット・ロビー(中央)、福原かれん(右) (C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

写真拡大

これまで“地球を救い続けてきた男”ウィル・スミスが史上最凶の悪党に扮した『スーサイド・スクワッド』。バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックスが贈る“DC フィルムズ”の第2弾であるこの映画より、主演のスミス、マーゴット・ロビー、福原かれんら豪華キャストの来日が決定し、彼らが演じるデッドショット、ハーレイ・クイン、カタナの“最凶・最悪”っぷりがわかる悪カワでポップな特別映像も解禁となった。

[動画]解禁となった映画『スーサイド・スクワッド』特別映像

スミスの来日は約3年ぶり13回目。今回は『フォーカス』『ターザン:REBORN』などに出演し、本作で“悪カワ”ヒロインのハーレイ・クインを演じるロビーと、本作がハリウッドデビューとなる日本人・福原かれんらと一緒の来日となる。スミスらは8月25日実施予定のジャパンプレミアに登場予定だ。

本作はバットマンらに捕り、死刑や終身刑の判決をくらったヴィラン(悪役)たちが主人公。世界崩壊の危機に政府は、服役中の彼ら悪党たちを寄せ集めた特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。そんな彼らの戦う理由は、正義のためでも、愛する人や世界を守るためでもなく「自分の刑を軽くしたい」「ただ暴れるのが好き」という超個人的なものなのだ。

さらに、この来日決定に合わせ、スミス、ロビー、福原らが演じる3キャラクターの、最凶最悪の暴れっぷりがわかる特別映像も解禁となった。キラキラな効果音に合わせてバットを振り回し、笑顔でこちらに近づいてくるハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)や、ポップなイラストのミサイルが飛び交うなか、両腕のマシンガンから銃をぶっ放す姿がしびれるほどカッコいいデッドショット(ウィル・スミス)、ミステリアスな音楽と浮世絵風な大波をバッグに、妖刀を振りぬく日本人女剣士・カタナ(福原かれん)らを映した本映像も必見だ。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]映画『スーサイド・スクワッド』予告編
[前回来日記事]息子ジェイデンと来日したウィル・スミス「自慢の息子です」と父の顔
[前回来日動画]ウィル・スミスと息子ジェイデンが息もぴったりに記者会見
[動画]ウィル・スミスとマーゴット・ロビーが共演!『フォーカス』予告編