見えないからってゴチャついてない?おすすめカトラリー収納アイデア10選

写真拡大

毎日使う箸やスプーンなどのカトラリー類。家族の分、お客様用などを合わせるとかなりの量になっているという家庭も多いのでは?ついついごちゃついてしまうこれらをすっきり、そして使いやすく収納するためのアイデアをまとめてみました。



元の記事を見る

沢山のカトラリーをすっきり整理できる仕切り色々

■ トレイにクリアシートをプラス・見やすくきれいに収納

引き出し内のカトラリーを見やすく清潔に収納するなら半透明ケースがおすすめ。こちらは無印良品のデスク内整理用トレイを使っています。さらに100均で手に入るクリアシートを貼ることで、汚れを防いで清潔に保つことができちゃいます。基本のカトラリー整理法としておすすめです。

■ 木箱でナチュラルに・長いお箸もすっきりまとまる

引き出しの中に入れる仕切りはいろいろなものがありますが、丈夫で使い勝手の良いものを選ぶのも大きなポイント。長さのある木箱を使うと箸なども入れられます。木製カトラリーとテイストを合わせることで、こんな風にナチュラルで素敵な印象に。

■ カゴ収納でおしゃれに快適

お手持ちのカトラリーの大きさに合わせて、クラフトハンドでかごを手作りしても◎です♪ざっくり仕分けして入れて置けば、そのままテーブルに持っていくこともできちゃいます。

■ 100均パウンド型でカフェ風収納!

引き出し内の整理に使える意外なアイテム、実はこのカトラリーやランチマットを入れているのはお菓子作りで使う100均のパウンド型なんです。適度な長さと深さがあるので、柄の長いスプーン・フォーク類をたっぷり収納することができて便利!見た目もカフェ風なので、おしゃれなコーディネイトにも使えそう!

■ 牛乳パックで、重ねられる手作りトレイ

カトラリー収納は引き出し一カ所だけ、他に収納スペースがないというご家庭も多いのではないでしょうか?そんなときは牛乳パックを使って一工夫。普段のカトラリーケースに重ねられるトレイを作ってみましょう!作り方は簡単、浅く切った牛乳パックに布とワックスペーパーを貼りつけるだけ。浅いトレイ状にすると既存のケースに重ねられるので収納が2倍になります!

カトラリー収納にぴったり!使えるアイテムで収納力アップ!

■ 伸縮カトラリーケースで引き出し内をディスプレイ

KEYUKAの伸縮カトラリーケースを活用。これがあるとぴったり揃えて収納することができるので、どんな大きさの引き出しでも隙間なく収納できちゃうんです。仕切り部分にはカトラリーだけでなく、立ててしまいたい調味料ボトルなども入れられるので、引き出し内をディスプレイするような収納が可能。ごちゃつき防止の救世主になるかも!

■ 100均引き出しでスキマスペースを有効活用

家族が多いとどうしても増えてしまうカトラリー。別に収納場所を作るなら、100均アイテムを組み合わせたこんな引き出しがおすすめです。スキマ用のラックとトレイでできるお手軽引き出しなら、狭いキッチンでもちょっとしたスペースに置けて便利ですね。何が入っているかラベリングしておくと家族が迷わずに取り出すことができますよ。

見せるカトラリー収納は使いやすさもばっちり!

■ カフェ風・ケーキドームでかわいく収納

収納というとどうしても引き出しなどにしまい込むイメージがありますが、あえて見える場所に出す「見せる収納」もひとつのテクニック。こちらはカフェでつかうようなケーキドームを使ったアイデアです。キッチンカウンターにカトラリー類をセットした状態で置いておけば、衛生的に見せる収納ができちゃいます。来客時にも活躍してくれます!

■ 日常使いのマイカトラリーはホルダーでつるしちゃおう!

一日に何度も使うヘビロテのマイカトラリーは、いちいちしまうのではなく吊るす収納がおすすめです。カトラリーを吊るすのには歯ブラシホルダーがぴったり!洗った後こうして吊るしておけば自然乾燥するので拭く手間も省けます。キッチンの隅に引っかけて置けば場所も取りません!

■ 「いつもの」はセットにして出しておくのがポイント!

バタつきがちな朝にはこちらのアイデアがおすすめです。コーヒーなどに使うティースプーンやトーストにバターを塗るのに使うバターナイフなど、朝の定番カトラリーを朝食セットと一緒にひとまとめ。こうしておくと、食事が始まる時にケースごとさっと出すだけで準備完了!



今回は簡単で使い勝手の良いカトラリー収納法を紹介しました。引き出しを使うときはトレイやケースなどをセットしてから出し入れすると楽ちんで衛生的。またしまい込む収納から一歩進んで、おしゃれに見せながら収納する「見える収納」にも挑戦してみてはいかがでしょうか?毎日の食事が自然と楽しくなりそうです。