脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』が大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
今回は、0〜1歳児に算数をどう教えたらいいのか?「脳科学おばあちゃん」が丁寧に説明する!

数学教育のはじまりは、
同じものと違うものの区別から

 答えは簡単です。『赤ちゃん教育』の337ページに書いてありますが、ここではその骨子だけ紹介しましょう。
 数学教育のはじまりは、同じものと違うものの区別から始めます。

 つまり、1と2の違いを覚えることです。

 赤ちゃんが口マネをできるようになると、「ワー」と言えば「ワー」とマネをしてやります。

 1回「ワー」と言ったとき、お母さんは「ワー」を1回言うようにします。

 赤ちゃんが「ワーワー」と2回続けて言えば、「ワーワー」と2回続けてマネをします。

 お母さんが2回言えば、赤ちゃんが2回くり返すよう、赤ちゃんがそのとおりにマネするように、何度かくり返します。

 こうすると、赤ちゃんは1と2の違いがわかるようになります。

 やっとマネができるころは1つ2つとの違いぐらいでよく、1、2とたくさんという数の違いでよいのです。

「ワワワワワ」など何回か続けるときは、それらしくマネればよいのです。    

「1つ」「2つ」と数えられる
ことより大事なこと

 1つ、2つと言えないときから数学教育を始めます。

 同じ目を1つ、1つと指さして、赤ちゃんのほうが片方の目をさすときに初めて、「もう1つの目は」と尋ねて、同じようなものに「1つ」と「もう1つ」があることを教えます。

 このことは、1つ2つと数えられることよりもっと大事なことです。

 同じものが1つともう1つあるという数え方(数と単位)を身につけるのです。

 1、2、3、4と数が言えることより、この同じものが1つともう1つあることがわかるほうが、赤ちゃんの知能は高度になっています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)