trend_20160721165628.jpg

写真拡大

岩手県のゆるキャラ「そばっち」と「2016いわて純情むすめ」の一人、野崎玲奈さんがJ-CASTニュース編集部にやって来た。2016年7月27日から都内のホテルで行われる「岩手の食材づくしフェア」のPRのための訪問。編集部では、J-CASTニュース10周年記念に今年初めて"三次元"に進出したJ-CASTのゆるキャラ「カス丸」が出迎え、カス丸は"ゆるキャラ社交界"へのデビューを果たした。

岩手の食材をミシュランシェフがフルコースにアレンジ

岩手の食材づくしフェアは、ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)内にあるレストラン「ピエール・ガニュール」で同県の食材を使ったフレンチのフルコースを期間限定で提供する特別企画。料理はこれまでミシュランガイドで毎年のように星を獲得し、フランスの料理専門雑誌「ル・シェフ」による"2015年世界最高の料理人100選"でベストシェフに選ばれたピエール・ガニュール氏が監修した。上質な赤肉で国内外から高い評価を受けている「いわて短角和牛」、国内市場で大きなシェアを占める「ほろほろ鳥」、3年かけてじっくり養殖された「八幡平サーモン」を中心に、岩手県産の上質な食材を贅沢に使ったスペシャルなコースとなっている。

いわて純情むすめは岩手県の農林水産物を国内外で行われるイベントでPRする大使で、今年で28代目で7人が選ばれた。そばっちは岩手県の名物「わんこそば」をモチーフにした県公認キャラクターで、5人いる「わんこきょうだい」の一角だ。

編集部を訪れたそばっちと野崎さんは、カス丸と編集部員による拍手で迎えられた。14年に生まれたカス丸にとって、08年から活動を続けているそばっちはいわばゆるキャラの大先輩。他のキャラクターと絡むのも今回が初めてだ。見るからにゆるキャラとしての立ち振る舞いに慣れていないカス丸を、そばっちはあたたかく受け入れてくれた。野崎さんもカス丸とハグをしたりとノリノリで触れ合ってくれた。

野崎さんは「岩手県産の農林水産物は市場関係者や一流シェフからもクオリティの高さが絶賛されています。ピエール・ガニュール氏が認めた岩手の食材を使った今回のフェアで、食材の素晴らしさをぜひ直接味わってほしいと思います」とアピールした。