レゴブロックは遊び方だけでなく、収納法にも頭脳を働かせた一工夫を♪

写真拡大

子どもの創造力を育ててくれるレゴブロック。昔から人気のおもちゃで夢中な子どもも多いですよね。子どもが楽しんで遊んでくれるのは嬉しいものの、お母さんたちの頭を悩ませるのは収納方法です。元からついているバケツもいいですが、もっと工夫して収納すれば、使いやすさがグンとアップしますよ。そこで、レゴがスッキリ片付く収納術をご紹介します♪



元の記事を見る

レゴブロック収納は分別が重要!

■ 遊ぶ意欲を起こさせる収納方法

レゴブロックを箱や引き出しにガバッと入れるざっくり収納は、片付けがとっても楽ちん。でも、いろんな色や形がごちゃ混ぜになってしまい、作りたい形のイメージが湧きづらく、いざ遊んでいいよと言っても遊べなかったりするものです。子どもの遊ぶ意欲を奪ってしまっては本末転倒…。そんな時は、ある程度形が同じもの同士をくっつけて収納してみましょう!子供の創造力をより掻き立ててくれるはずです。

■ スタッキングできるボックスで

意外と使いづらいレゴバケツの代わりには、大きめのプラスチックボックスを代用。仕切りには木のボックスやタッパーなどを使って、引き出し内に小さな部屋を作り、パーツを分別します。蓋をすればスタッキングできるので場所を取らず、同じものを買い足せば統一感も出てスッキリした印象に☆

レゴ収納に便利なグッズを購入するのも手!

■ ニトリ「ジョイボックス」にコロコロを付けて

ニトリのジョイボックスは重ねることができてGOOD♪同じもので揃えて統一感を出したら、一番下のボックスにはコロコロを取り付けましょう。女性や子どもでもボックスごと楽に移動させることができます。遊んだ部屋にボックスごと持って行って、その場で片づけるという習慣を身に着けたいですね!

■ 作品の解体不要なサイズのIKEA「トロファスト」

子どもの年齢が上がってくると、ブロックで作るものの完成度も高くなり、時には「せっかく作ったんだから壊したくない!」と後片付けを拒否されることもしばしば。でも、そのまま置いておくわけにもいかない…と親子共に譲れない時は、作ったものを数個に分割して、ある程度形を留めたまま収納できる方法を考えましょう。大きくて組み立てたままのレゴも収納可能な、IKEAのトロファストがおすすめです!

■ IKEA「GLIS」ふたつきボックスが便利

レゴブロック収納にあったら嬉しい機能を兼ね備えた収納グッズがIKEAのプラスチックケース。蓋が付いていて仕切りがあるので、分別して収納することができます。透けるプラスチックなら、中身がシンプルな白一色なのもオシャレでインテリアの邪魔をしません。

■ 100均プラスチックケースならお財布にも優しい♪

分別できるプラスチックケースは、100均でも購入可能!遊ぶ時に必要なパーツを探すのも、片付ける時の分別も簡単で、かつお財布にも優しいのがうれしいですね♪レゴを買い足してパーツが多くなっても、リーズナブルにケースを増やすことができます。

細かいパーツ収納術

■ 小さなパーツは浅い引き出しに

レゴブロックのパーツの種類はとにかく多い!中にはとっても細かいパーツもあって、大きいものと混ぜて収納すると取り出しづらかったり、紛失してしまったりしがちですよね。そこで、小さなパーツだけを独立して収納。浅い引き出しを利用すれば取り出しやすさも抜群です。こちらも仕切りを作って色や種類別に分別収納してもいいですね。

■ 卵パックの大きさがぴったり!

人形や、男の子向けのレゴにつきものの武器・ミサイルなどのパーツは、収納スペースに卵パックを置いて活用しましょう。ポイポイッと1パックで10個まで入れられる上に、透明で見やすいため重宝します。費用も掛からないので、追加も取り換えも気軽にできますね♪

しっかりとレゴ収納スペースを確保!

■ 遊びスペースと収納を合体!

遊ぶ場所と収納場所が離れていると、どうしても片づけを面倒に感じてしまったりしますよね。レゴパーツが山ほどある場合はさておき、あまり多くないのなら、レゴ遊び用のテーブルに引き出しを作ってしまうという手も。引き出しには100均の木製フレームを使用。小さなフレームを組み合わせると色別などに分けて入れられて便利です。入らない分はプラスチックトレーで作ったボックスにしまってテーブルの下に置いても◎です。

■ 思い切ってレゴ収納スペースを確保

クリアケースや収納ボックスに分けてレゴを収納。それを棚やテーブルを使ってお部屋の一角に集めたら、レゴブロックステーションの完成です☆蓋のないクリアケースには、ステンレストレーがピッタリ。乗せるだけで蓋になり、ブロックをホコリから守れます。遊ぶ時には受け皿にもなって一石二鳥です。