カラダだけの関係から“本命”になりたい人が、絶対にやってはいけない3つのこと

写真拡大

先日、ハリウッドのおしどり夫婦として知られているアシュトン・カッチャーとミラ・クニスが「実はセフレからのスタートだった」と告白しニュースになりましたが、夏に多い“ワンナイトラブ”が始まりだとしても本命彼女になる可能性はあるのです。

男性が“本命彼女”だけに見せる、「大切にエッチしたいサイン」3つ

最初は体の関係からだとしても、諦めてはいけません。今回は、知っておいては損はない、本命彼女になりたいあなたがやってはいけないことを3つご紹介します。

1:求める

好きな人が出来ると「毎日LINEで連絡入れてほしい」「寝る前には電話してほしい」など、相手に色々と求めてしまいがちです。不安な気持ちを消したいがために、相手にいろんなことを求めてしまう訳ですが、その行為はとっても自己中心的ではないでしょうか? あなた自身が相手の立場だったとして、同じように色々と求められたらどう感じるかを考えてみてください。

求めているということは“相手のことを信用していない”という深層心理の表れでもあります。相手のことを信用しているのであれば、「●●してほしい」などと求める必要はなく、堂々と自分の生活に集中できます。

つまり、相手に求めている間は暇なんです。ある意味「彼に依存している」と言ってもいいかもしれません。それよりも、仕事に集中したり、エクササイズに力を入れていれてみたりと自分を磨くことに力を注いだ方が、よっぽど本命彼女に近づけること間違いなしです。思い出した時に連絡するくらいの方がいいこともありますよ。

2:変化がない

毎日毎日同じような作業ばかりしていたら「飽きてきたなぁ」と思ってしまいませんか? 恋愛も同じです。毎回同じような服、メイク、話題、デートコース……。「今回も?」と思ってしまうのではないでしょうか。

それは人においても一緒です。「今日もジーパンにTシャツでデートだけでいいか」とか、「お店を検索する時間もないから、いつものところでいいよね」とか、あなたと会っても毎回変化がなく、同じような形だと相手は飽きてしまう確率が高いです。

毎回変える必要はありませんが、例えば体を鍛えてボディラインを変えてみるとか、デートに何か作っていくとか、少しずつ会うたびに変化をもたらしてあげることを意識しましょう。

飽きさせない努力は、彼を喜ばせたいという“思いやりの気持ち”でもあるはずです。

3:裏切る

「そんなことしないの当たり前でしょ」とお思いになるかもしれませんが、相手にとって“裏切り”ではないかが大切です。異性と2人でごはんに行くのが裏切りと考える人もいますし、LINEで連絡を取るのすらダメというパターンもあります。

「バレなければいいじゃん」という見方もあるかもしれませんが、まずその考え方が本命彼女ではありえないと思いませんか?

常に誰かに監視されているわけではありませんが「相手を裏切るようなことはしない」という当たり前のことを自然と出来るように意識しておきましょう。その心がけが相手に信頼してもらえる一歩にもなりますし、「他の女の子とは違う」と思ってもらえるキッカケになるのです。

ですから、変に彼にヤキモチを焼かせるような行為も控えるようにしましょうね。それがキッカケで、関係がダメになるなんてことも往々にしてありえますから。


ここまで紹介した3つは、良い人間関係を築く上でも大切になってくる要素です。また、交際を長続きさせる秘訣でもあります。しっかりとマスターして、本命彼女だけでなく、誰からも愛される人間力を身につけましょう。