「自分」をグーグル検索、ダメな結果をどうする? キャリアに有効にする方法

写真拡大

あなたの第一印象はますます、インターネット上で決められるようになってきている。グーグルの検索結果に表示される「あなた」に関する情報が、あなたがどのような人であり、ネット上でどれほどの注目を集めている人物かを描き出すのだ。

そして、(少なくともあなたが自分自身の「ターゲット・オーディエンス」とみている人たちからの)「注目度」は、あなたのパーソナルブランディングにおいて非常に重要なものだ。さらに、検索結果はあなたについて何らかの判断をしたい人たちにとっての重要な”データ点”にもなる。

つまり、あなたはさらなる成功のために、グーグルの検索結果に示される自分自身を知り、積極的に自分の「デジタルブランド」を管理していく必要があるということだ。

氏名を検索すると──?

今すぐ自分の氏名を検索して、表示される内容があなたの目からみて正しいと思えるものかどうかを確認してみよう。検索結果は以下のいずれかに該当するだろうか。

1. 存在しない
2. 死亡記事欄に掲載されている
3. ヒット件数は多いが、同姓同名の別人の情報ばかり
4. 現在の仕事とは無関係の、過去の仕事に関する素晴らしいプロフィールが紹介されている。あなたが今後に向けて持っている希望については、明確に記されていない
5. 子どものころに応募したコンテストなどの受賞者として氏名が出ているだけ。仕事に関連した最近の情報はない
6. 肯定的な第一印象を持ってもらえる内容ではない(スキャンダルに巻き込まれて解雇された、酔って羽目を外したときのことを書いた何年も前の投稿が残っている、など)

上記に当てはまる結果が示されていたとしても、心配する必要はない。あなたのパーソナルブランディングをデジタル的に「絶望的」なものから「魅力的」なものに変えるための方法はいくつもある。必要なのは、パーソナルブランディングに関する計画を立て、実行することだけだ。

仮想世界と現実世界でのあなたというブランドを同一のものにしていくために、検討すべきことと実行すべきことは次のとおりだ。

■検討すべきこと

1. 自分の「デジタルブランド」を確立しようとする前に、どのようなパーソナルブランドの構築を目指しているのかを明らかにしておく必要がある──あなたは誰なのか、あなたに説得力を持たせ、差別化しているものは何か、あなたの存在を認識してもらいたい相手は誰なのか、といったことを明確にしておく。

2. 検索結果の1ページ目に何が表示されるだろうか。注意する必要があるのは、そこに示される情報だ。検索結果のうち、さらにクリックされるものの87%は1ページ目に示されており、62%は上から3つ目までに挙げられている。

3. ネット上に掲載されている情報は、個人的なものと職業に関連したものの両方が必要だ──それにより、何かを達成し、他者から関心を持たれ、そして興味深い人物であるということを示せる。仕事に関連した情報が70〜80%になることを目指そう。

■実行すべきこと

1. 自分の略歴を書く

多くの人に自分を知ってもらいたいのなら、自分がどのような人物かを明確にする必要がある。それをアルファベットなら26文字以内で、簡潔に示すことができなくてはならない。そうすることで、あなたというブランドの本質を伝え、あなた自身にとっての重要なツールにすることができる。また、インターネット上のさまざまな場所で、それを使うことができる。

2. リンクトインのプロフィールを更新、または作成する

氏名を検索した際、リンクトインのプロフィールは上から3つ目までのリンクとして表示される可能性が高い。

3. ドメイン名を購入する

自分自身のウェブサイトを作成する予定がなくても、購入しておこう。所有しておくべき重要な”不動産”だ。

4. バニティURLを作成する

すぐに使用する予定がない場合でも、ブランド確立に役立つと考えられる全てのソーシャルメディア上で、このカスタムURL作っておこう。

デジタルブランディングはもはや、思いがけず成功できれば嬉しいといった程度のものではない。意思決定を行う立場の人たち、影響力を持つ人たちに好印象を与えたいキャリア志向の人たちにとって、不可欠なものだ。