中国は世界最大の自動車市場であり、世界各国の自動車メーカーが中国に進出し、シェアを争っている。そのため、日本では馴染みのない自動車メーカーでも中国では比較的有名というケースがある。一方、同じ日本車でも日本国内と中国国内で販売されている車種は違うことも多く、中国モデルとも言うべき車種も存在する。(イメージ写真提供:(C)Maksim Toome/123RF.COM)

写真拡大

 中国は世界最大の自動車市場であり、世界各国の自動車メーカーが中国に進出し、シェアを争っている。そのため、日本では馴染みのない自動車メーカーでも中国では比較的有名というケースがある。一方、同じ日本車でも日本国内と中国国内で販売されている車種は違うことも多く、中国モデルとも言うべき車種も存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人による手記を掲載し、中国国内で見かける自動車と日本国内で見かけた自動車には「まったく異なる一面があった」と伝え、自動車をめぐる日中の違いを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本国内で走っている自動車は「非常にきれいだった」と紹介。日本は道路そのものがきれいだったとし、「日本の街中で見かけた車のうち、もっとも汚れていた車ですら、中国で見れば一般的な汚れの水準と同程度だった」と紹介。特にトラックについては「日本のトラックは非常にきれいで、真っ黒に汚れた中国のトラックとはまったく違っていた」と伝えた。

 中国は沿海部の都市を除き、大陸性気候で埃っぽい地域は多い。黄砂の影響もあるため、野外に駐車しておくだけで埃が車に降り積もってしまう。中国の車が汚れて見えるのはこうした理由もあるだろう。それだけに、日本の自動車がきれいだったのは中国人にとっては驚きだったようだ。

 また記事は、日本では「改造車」は非常に少なかったと紹介。一部の漫画の影響か、中国では「日本では改造車が多く走っている」という印象を持つ人が多いようだが、実際に日本を訪れてみて「ほとんど見かけなかった」と紹介。むしろ改造車の割合は中国より低いのではないかと指摘した。

 そのほか、日本の自動車は「角ばった外見の車種が多い」と指摘、流線型のボディを好む傾向にある中国人の審美眼と日本人は大きく違うと指摘したほか、中国で大人気のSUVが日本ではさほど多く見られなかったと紹介。同じ自動車でも、日本と中国の市場はまったく異なっていたと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Maksim Toome/123RF.COM)