箱根で「1259芦ノ湖夏まつりウィーク」が開催! 6夜連続で開かれる花火大会を見に行こう!のキャッチ画像

写真拡大

2016年7月31日(日)から8月5日(金)の6日間、箱根神社の「御鎮座1259年大祭」をメインに、「芦ノ湖夏まつりウィーク」が芦ノ湖の各所を会場に開催されます。太鼓演舞、灯籠流し、大神輿渡御など、様々な催しが行われる夏の箱根恒例のイベントです。今年は8年ぶりに6夜連続、合計18,500発の花火大会も開催されます。箱根の夏の風物詩を見に、ぜひ足を運んでみてください。

箱根神社「御鎮座1259年大祭」を中心に開催される6日間

毎年夏に開催される「芦ノ湖夏まつりウィーク」。今年は初期天平宝字元年(757年)に萬巻上人が箱根三所権現を感得し、現在の箱根神社を建立した年から1259年となることを記念して「1259 芦ノ湖夏まつりウィーク」と名打たれました。期間中は箱根神社の「御鎮座1259年大祭」を中心に芦ノ湖の各所で6日間連続の祭事が行われます。6夜連続となる花火大会は必見のイベントです。

●「湖水まつり」

初日となる「湖水まつり」は、7月31日(日)に元箱根湾での開催です。会場では箱根ばやし、九頭龍太鼓などによる太鼓フェスティバルが行われます。夜には4,000発の花火が打ち上げられる花火大会も開催されます。

●「御鎮座1259年大祭」

「芦ノ湖夏まつりウィーク」のメインとなる祭事「御鎮座1259年大祭」は8月1日(月)の開催です。境内では朝10時より箱根延年、湯立獅子舞などの演舞が奉納されます。夜には箱根神社鳥居のすぐ前から2,500発の花火が打ちあがります。

●「御神幸祭」と「箱根園サマーナイトフェスタ」

8月2日(火)日中には「御神幸祭」が開催されます。箱根大神様を乗せた御鳳輦とともに、古代の衣装を着た隊列を見ることができます。夜には「箱根園サマーナイトフェスタ」が箱根園湾で開催。音楽とともに楽しむ「デジタルスターマイン」などの花火は圧巻です。さらに「箱根園サマーナイトフェスタ」は8月2日、3日の二日間開催され、いずれの日も2,500発の花火が打ち上げられます。

●「湖尻龍神祭」

8月4日(木)に開催されるのは芦ノ湖畔の森の中にある九頭龍大神のお膝元、湖尻湾で開かれる花火大会「湖尻龍神祭」です。小さな湾で打ち上げられる2,500発の花火は音、光ともに大迫力です。花火大会の後は高校生によるマーチングバンドで盛り上がります。

●「鳥居焼まつり」

8月5日(金)、1259芦ノ湖夏まつりウィークの最後を飾るのは「鳥居焼まつり」。九頭龍太鼓やソーラン踊り、大神輿渡御などが盛大に行われた後は、およそ3,500発の花火で6日間続いたお祭りが締めくくられます。

■イベント情報
名称:1259芦ノ湖夏まつりウィーク
日時と場所:7月31日(日) 「湖水まつり」 元箱根湾 (花火大会は20:00より開催)
8月1日(月) 「御鎮座1259年大祭」 箱根神社 元箱根湾 (花火大会は20:00より開催)
8月2日(火) 「御神幸祭」は箱根神社から箱根の里
8月2日(火)3日(水)「箱根園サマーナイトフェスタ」箱根園湾(花火大会は20:00より開催)
8月3日(水)「 駒形神社例祭」 駒形神社
8月4日(木)「湖尻龍神祭」 九頭龍神社本宮 湖尻湾(花火大会は20:00より開催)
8月5日(金) 「鳥居焼まつり」箱根湾(花火大会は20:00より開催)