グーグルの人工知能、今度はコミックをスマホで読みやすくする

写真拡大

タップひとつでコミックの吹き出しを拡大できる機能を、グーグルが機械学習を用いて開発した。ページ全体を見ながらテキストを読むことができる。

「グーグルの人工知能、今度はコミックをスマホで読みやすくする」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートフォンでコミック本を読むのは少しばかり厄介だ。コミック本は7インチ×10.5インチ(18cm ×27cm)で読まれるようにつくられており、5インチ未満の画面にはうまくはまらない。ページ全体を見ながらテキストを読むのはかなり難しく、ズームとパンを多用することになる。

グーグルはこの問題に、機械学習で取り組んだ。同社は最近、節電(日本語版記事)を含むあらゆる問題にこれを使っているようだ。

グーグルはコンピューターに、コミック本の吹き出しを認識させ、タップひとつで吹き出しを拡大可能にするように学習させた。吹き出しはページから浮かび上がり、その下の画像に影響することなく大きくなるため、ページ全体を見ながらテキストを読むことが可能になる。グーグルはこの機能を「吹き出しズーム」と名づけた。

RELATED

吹き出しズームは7月22日(米国時間)からAndroidの「Google Play Books」で提供されている(無料サンプルはこちら)。iOS版も間もなく登場するだろう。

いまのところはまだ「テクニカル・プレヴュー版」だが、マーヴェルとDCコミックスの総集編はすべてがこの機能に対応する。グーグルによると、最終的にこの機能を「これまでにつくられたすべてのコミックとマンガ」で提供することを目指しているという。

グーグルは、サンディエゴで開催された「コミコン」にて吹き出しズームを発表した。