和食は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された 【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

アメリカ上院議会も注目した和食のチカラ?



 我が国の文化が世界で認められるのは間違いなく喜ばしい。しかし、そこに根拠は本当にあるのか。米国会に提出された日本食文化が称賛されているという報告書の中身を紐解くと……

------------------------

 外国の人が日本の文化を好きになってくれるのは、日本人としてうれしくないわけがありません。

 アメリカで先行配信された『ポケモンGO』は、対岸のあまりの過熱ぶりに置いて行かれそうですが、フィギュアスケートのメドヴェージェワ選手が演じた『美少女戦士セーラームーン』は最高でした(いや、DAIGO嫁も出ていた実写版をDisってるわけじゃないです)。そして今度はぜひ、『少女革命ウテナ』でお願いします。

 スカーレット・ヨハンソンが『攻殻機動隊』の草薙素子を演じると聞けばお世辞のひとつも言っておこうかという気になりますし、永井豪作品にインスパイアされたイタリア映画『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』は間違いなく、お世辞抜きに素晴らしい作品です。

 でも、海外で日本文化が受け入れられたからといって、全部が全部、手放しで喜べるとは限りません。なにしろハリウッド版の『ドラゴンボール』や『北斗の拳』なんていう、暗黒時代の遺物もありましたからね。

 どこの国の人間でも、自分たちの文化が褒められればうれしいものです。2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された和食も、日本が誇る文化です。

 もちろん、そんなたいそうな肩書を持ち出すまでもなく、ヘルシーで繊細な味の日本食は世界のどこに行っても高い評価を受けています。

 さらに、1977年に発表された5000ページにも及ぶという「マクガバン・レポート」では、アメリカの国会さえ和食を賞賛しているというのです。曰く、「日本人が元禄時代(1688〜1704年)以前に食べていた伝統食こそ、理想の食事である!」と。

 ちなみにこのレポート、ジョージ・マクガバン上院議員が委員長を務めた「栄養と人間欲求における合衆国上院特別委員会」の報告書で、心臓病をはじめ、生活習慣病にむしばまれがちなアメリカ人の食生活と健康に関して調査したものです。

 この中で、肉食中心の西洋的な食事を批判し、「精白していない穀類」や季節の野菜、魚介類中心の質素で伝統的な日本食を絶賛しているのだとか。

 米連邦議会の上院でそこまで褒めてもらえるなんて、日本人としては鼻が高いというものです(まあ実際は鼻低いんですが…)。

 ところが現代の日本人は、そんな素晴らしい伝統的な食生活を捨てて西洋型の肉食中心になってしまい、成人病もどんどん増加してしまったのです。

 そこで食に関する意識高い系の人たちは声高にこう叫びます。「現代の日本人も、伝統的な食生活に回帰して健康的なライフスタイルを手に入れよう!」と。

 とても素晴らしいことです。「精白していない穀類」=玄米と野菜や魚だけの食生活で、江戸時代のように健康で健全な身体を手に入れ、生活習慣病に苦しむことなく、長生きできるようになる。文句なしの万々歳です。

“日本礼賛”は作り話だった!



 では、伝統的な食生活が導く理想的な健康社会とは、どのようなものでしょうか? 

 たとえば身長。江戸時代前期の平均身長は男性が約155僉⊇性で143冂度と言われています。これは古墳時代の男性163僉⊇性152僂茲蠅世い崗さくなっています。そして平均寿命は(諸説ありますが)30〜40歳程度だったのではないかと言われています。

 ちょっと待ってください。江戸時代、とくに元禄以前の食生活はヘルシーで理想的なものだったはず。なのになぜ、古墳時代よりも背が小さくなったのでしょうか?

 理由は簡単で、動物性たんぱく質の摂取量が少なかったために背が伸びなくなってしまったのです。平均寿命は、短いとはいえ戦乱の絶えなかった江戸時代以前よりはだいぶ長生きになっているんですね。

 当時の欧米諸国と比べてもそれほど差はないと思われますが、この数字を見れば当時の日本人の食生活が決して理想的だったとは言えないはずです。

 では、「マクガバン・レポート」は何をもって「元禄時代以前の食事が理想的」と言ったのでしょうか?

 答えは、「そんなこたあ、言ってない」、です。

 ネットのアーカイブに残る「マクガバン・レポート」を“Genroku”で検索してみても、何もひっかかりません。どこにも書いていないのです。

 そもそもこのレポート、5000ページというのも大間違いで、正味100ページ足らず。そのどこを見ても「元禄時代」とか「江戸時代」なんて言葉はありません。

 それどころか、“Japan”で検索して出てくるものと言えば、

「アメリカに移住して、動物性脂肪と乳製品をほとんど含まない日本的な食事から西欧型の食事に変化した日本人には、乳がんと結腸がんが激増する」
「日本では比較的少ない乳がんも、アメリカへの移民の間では増加する」
「日本やチリなどの肉の消費量が少ない国では結腸がんの発生率が低い」

 といった内容のみ。どこにも「理想的な食事は伝統的日本食!」なんてことは書いていないのです。

 まるでどこかのテレビ局が作った、ヤラセだらけの日本礼賛番組と同じじゃないですか!

日本生まれ、アメリカリメイクは失敗する?



 では、だれがこんなありもしない話を広めたのか? 

 実は「マクガバン・レポート」の和食推し説を主張する人の多くが、マクロビオティック(マクロビ)の信奉者なのです。

 マクロビオティックとは、陰陽思想をベースとした食生活運動で、玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などを主食とし、有機農法などの野菜や豆類、海藻類が料理の中心となります。肉をはじめ、砂糖や牛乳、卵、コーヒーなどは避けるべきとされています。

 このマクロビは、第二次大戦の前後に桜沢如一氏が創始したもので、戦後に渡米した弟子の久司道夫氏が中心となってアメリカで普及を図り、折からのヒッピームーブメントや禅ブームもあって次第に定着したといいます。

 そして、マドンナやトム・クルーズなどのセレブが愛好するようになり、日本でも本格的なブームが到来したという、いわばハリウッドリメイクの日本再上陸みたいなものといっていいでしょう。

 このマクロビ信奉者の間では、「マクガバン・レポート」の作成にマクロビの思想が大きな影響を与えたらしいのですが、文中に「マクロビ」という単語はどこにも出てきません。

 そしていつの間にか「元禄以前」の言説が登場してきます。

 このガセネタを世の中に吹聴して回った人物が新谷弘実氏。

 日本の医大を卒業後、アメリカに渡って内視鏡医療の第一人者と呼ばれるようになった人物ですが、乳製品や動物性たんぱく質が老化のリスクを高めるという主張は、マクロビとも共通しています。200万部も売れたという彼の著書『病気にならない生き方』には、

「『マクガバン・レポート』は、こうした当時の食事の常識を真っ向から否定しました。そして、もっとも理想的な食事と定義したのは、なんと元禄時代以前の日本の食事でした。

 それは、精白しない穀類を主食に、おかずは季節の野菜や海藻類、動物性タンパク質は小さな魚介類を少量といったものです」

 と書かれています。新谷先生、いったいどこからこのネタ拾ってきたんでしょう? もう説明の必要はないかもしれませんが、大事なことなのでもう一度書きます、「んなこたあない!」、と。

 それにしてもなんでこうも、日本生まれのアメリカ育ちみたいなのが集まっちゃうんでしょうか。やっぱり『攻殻機動隊』も、『ドラゴンボール』や『北斗の拳』みたいになってしまうのか。何かの祟りと違いますか?

 ちなみにハリウッドで最初に実写化された日本の漫画と言われる『強殖装甲ガイバー』は、第一作目に『スターウォーズ』ルーク役のマーク・ハミルが出ていたのにまったく話題にならなりませんでした。

 ま、原作自体、連載開始から30年を過ぎてもまだ終わる気配はありません。これもまた何かの呪いなんでしょうか?

取材・文 ロッポンギヒロユキ