“大人の分別”をわきまえているはずの中高年が、なぜ同窓会不倫にのめり込んでいくのか(※イメージ)

写真拡大

 夏の風物詩といえば、かき氷、海水浴、花火、甲子園を挙げる昭和世代が多いだろう。だが、ここ最近は「同窓会」も仲間入り。お盆休みの懐かしい再会は、中高年世代の“男女の社交場”だ。時には家族を巻き込む“危険な恋”へと発展する。45歳を迎えると、その兆候が表れるようだ。

 小中高のクラスやクラブ・サークル活動の仲間、そして大学のゼミなどでかつて一緒に過ごした友人や知人、先輩、後輩ら、懐かしい面々と再会する同窓会。出会いが少なくなる中高年世代には“男女の社交場”でもある。

 同窓会で再会したバツイチ同士が同窓生に祝福されてゴールインしたり、シングルマザーと独身男性の縁を同窓生が取り持ったりと幸せな結末もある。一方で同窓会をきっかけに、大人の恋愛関係に発展するカップルも少なくない。中には家族を巻き込む泥沼不倫もある。“大人の分別”をわきまえているはずの中高年が、なぜ同窓会不倫にのめり込んでいくのだろう。

 東海地方在住の経営者・瑞恵さん(仮名・52歳)は、7年もの間、同窓会不倫を続ける。27歳で地方に嫁ぐと、義理の両親に請われ、経営者になった。営業を担う夫は家を空けることが多く、夫婦のすれ違いが続く。夫の浮気に気づきながら黙認していたのは、一人娘のためだった。

「娘が中学に入学した43歳の夏に、初めて同窓会に出席しました。お盆休みに帰省したら同窓会の通知を見つけ、たまらなく同窓生に会いたくなったのです。結婚してからずっと頑張ってきたその一方で、何だか空しくて」

 25年ぶりに高校のクラスメートに再会するやいなや、すぐに18歳のころに戻った。思い出を語るうちに、25年間の年月が一瞬のうちに通り過ぎた。

「あのころの青春が、今でも生き生きと光り輝いているような錯覚を覚えました」

 高校時代の憧れが蘇ると甘酸っぱさが広がり、やがてその憧れにも既に手が届かなくなったとわかると、切なさが押し寄せる。同窓会が終わるころには、現実に引き戻されそうになった。

「同窓会の余韻をもっと楽しみたくなったので、2次会にも参加しました。隣に座ったのは、別のクラスの男性で、ほぼ初対面。でも同窓生という気安さもあって、話が弾みました」

 男性から携帯番号を聞かれても、応じなかった。2年後に、同窓会で再会すると、積極的にアプローチされる。そして3次会は二人だけで朝まで飲んで語り合った。仕事や家庭の相談に乗ってくれる同窓生が、頼もしく見えた。また長い間セックスレスだった瑞恵さんは「女としてこのまま終わるのではないか」という恐れもあり、好意的な同窓生に、次第に魅かれた。

 同窓会で再会してから不倫に発展する男女の共通点は、出会いのシチュエーションが似ていること。昔から知っている同窓生か、あるいは話すのは初めてだが、かつて同じ場所と空間を共有したという理由で、思い出に一緒に浸っているうちに、いつの間にか打ち解けてしまう。今の様子を語り合い、相談に乗ったり乗られたりしているうちに、配偶者にない魅力を感じていく。さらに価値観が同じだとわかると恋愛関係になる。その流れが、実にスピーディーだ。

 また「自分はまだイケているのだろうか」と年齢を重ねていく不安も手伝って、同窓会不倫にのめり込んでしまう。前出の瑞恵さんも、子育てが一段落した時期に、女としての時間を取り戻したいという焦りから、どっぷりと浸ってしまった。

 瑞恵さんは3年間こっそりと不倫関係を続けていた。ところが、ふとしたことから大学受験を控えた娘にばれてしまう。不倫を解消し、やっと娘との関係が修復する。ところが大学進学を機に娘が家を出ると、浮気を繰り返す夫との日常が続く。寂しさと空しさに耐えきれず、とうとう50歳を目前に、再び同窓生と関係を復活させてしまった。現在、夫との離婚を考えている。

「離婚したら同窓生との関係も終わるのだろうか」

 瑞恵さんは同窓会不倫の行方を決めかねている。(作家・夏目かをる)

週刊朝日  2016年7月29日号より抜粋