24日、インド当局が、同国に駐在する中国国営新華社通信の記者3人に対し、今月末に切れる滞在ビザの延長申請を却下したことが分かった。写真はインド大統領府。

写真拡大

2016年7月24日、インド当局が、同国に駐在する中国国営新華社通信の記者3人に対し、今月末に切れる滞在ビザの延長申請を却下したことが分かった。環球時報が伝えた。

インド当局は却下した理由について説明していない。インド英字紙のザ・タイムズ・オブ・インディアは、3人が偽称もしくは仮名を使い、立ち入りが規制されている施設を訪れたと報道。ザ・ヒンドゥー紙は、インド内務省からの情報として、3人がチベット人居住区のある南部バンガロールを訪れ、亡命チベット人と接触したことがインド政府の不満を招いた可能性があると伝えている。(翻訳・編集/柳川)