藤森慎吾(左)と宮川大輔(右)

写真拡大

マイケル・ベイがプロデュースし、世界的に大ヒットした『ミュータント・タートルズ』から2年。その続編となる『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』が8月26日より公開となるが、それを前に7月25日に都内スタジオで、日本語吹替版の声優をつとめた宮川大輔と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)による公開アフレコイベントが行われた。

[動画]映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』予告編

2人が声を演じるのは、タートルズの宿敵であるロックステディとビーバップ役。声優初挑戦となる宮川がロックステディ役、藤森がビーバップ役を演じる。

2人は、ロックステディとビーバップをイメージし、レザーベストにチェーンなど敵キャラモード全開の身なりで登場! 会場にはタートルズの等身大スタチューも用意される中、タートルズと激しくぶつかり合うバトルシーンの吹き替えを披露した。

さらにサプライズゲストとして、前作に引き続きタートルズの声を担当するプロの声優陣(伊藤健太郎:レオナルド役/松田健一郎:ラファエロ役/畠中祐:ミケランジェロ役/高梨謙吾:ドナテロ役)も声のみで出演。ゲスト声優の2人にアフレコの極意を伝授した。

だが、藤森がアフレコを始めると、本番にも関わらずレオナルドが「そういえば大輔、言い忘れたが、アフレコをするときは…」などと話しはじめ、宮川の「ちょっと映像ストップ!もう始まってんねん!」という叫びとともに一時中断。

さらに「手の平に<亀>という字を3回書いて飲み込め」というアドバイスに、仕方なく手の平に<亀>の文字を書く2人。その後もアフレコ中にも関わらず、アドバイスを繰り出すタートルズたちに、宮川は思わず「4人全員の声が入ってんねん! しかも言ってることが感想やねん! アドバイスじゃない!」とツッコミを入れるも、藤森は「なに〜大輔さん、せっかく激励してくれてるのに〜」とまさかのタートルズ側に。途中宮川が笑ってしまうハプニングがありつつも、無事アフレコは終了した。

宮川は笑ってしまった理由について、藤森が屁をこいたことを暴露!「皮(の衣装)だからプーじゃなくてパチって音がしたで!」と言うと、藤森は「ちょっと緊張しちゃって力んじゃいましたね」と苦笑し、会場は笑いに包まれていた。

【関連記事】
[動画]オリラジ、PERFECT HUMANの大ブレイクでギャラはアップした?
オリラジ、桜塚やっくんの死に「ショックです」とポツリ
[動画]哀川翔がゾンビ宮川大輔にデッドボールでお決まりの乱闘騒ぎ
[動画]宮川大輔ゾンビがめっちゃ早く動く!『Zアイランド』特報