夏のだるさをやる気に変える3つの方法

写真拡大

暑いと何もやる気が起きない......と、どんどん怠惰な生活になっていく自分に喝を入れたいものです。やる気が出るようにビタミン剤や栄養ドリンクに頼ったり、仕事や用事を多めに入れてみたりといろいろ方法はありますが、じつはもっと身近なところから簡単にできる方法があります。
喉が乾いてからでは遅い水分補給
人は、体内の水分が1%失われると喉の渇きをおぼえ、2%失われると血流が悪くなり気分障害が現れるそうです。やる気が出ない不調の原因はまずはここにあるのかもしれません。(さらに水分が5%失われると脱水症状や熱中症になるとも言われています)。

喉が乾いてるのを放っておくとすぐに心身に支障が出るので、まずは喉が乾いていない状態に常にしておくことが大事です。
1日グラス8〜12杯の水や水分のある食べ物を摂取すること。
(hindustantimesより翻訳引用)

意識的に水を飲むのが一番なのですが、水だけをひたすら飲むのが辛いという人は含水率の高いキュウリやレタス、セロリ、ラディッシュなど夏の野菜やフルーツをとるのもひとつの手です。ちなみに、ドリンク類でもカフェインやアルコールはむしろ水分不足になり逆効果なので要注意。
気分を前向きにするために腸活
腸を活発にさせることと、気分のメリハリとどう関係があるの? と思われるかもしれませんが、腸には「セロトニン」という幸せホルモンを出す働きがあります。腸が活発だとからだだけではなく気持ちまでも元気にしてくれるのです。また、腸は脳ともつながっています。腸が健康だと脳にもスイッチが入り、頭もクリアになっていくのです。

あなたのプレートには常にたくさんのサラダと高繊維質の食事がならぶようにしましょう。
(hindustantimesより翻訳引用)

腸にいい食べ物で浮かぶのは、ヨーグルトやごぼう、にんじんなどの根菜類。そのほかにも、豆類やブロッコリー、芽キャベツやラズベリーなども高繊維質な食品として有名です。プレートには意識してこれらの腸にいい食べ物をならべると、あなたのからだや心の働きが変わってくるかもしれません。
トレイルミックスで手軽にエネルギー補給
夏は食べなければエネルギーが湧かない、と頭ではわかっているものの、なかなか食指が動きません。そこで、おすすめするのが塩気のあるナッツ類と甘みのあるドライフルーツが混ざったトレイルミックスという欧米で人気のスナック。

トレイルミックスは、失われたエネルギー回復に一役かうすばらしいスナックです。(中略)タンパク質、食物繊維、良質な脂肪が含まれ瞬時にエネルギーに変えてくれます。
(hindustantimesより翻訳引用)

これなら食欲がない時でも、おやつ感覚で口に入れていけそうです。塩分補給になりますし、適度な甘みがミックスされているので、交互に食べていくと止まらないくらいのおいしさです。もともと登山などの保存食であり、瞬時にエネルギーに変えてくれると重宝されてきたトレイルミックス。疲れたなと思ったら、パリパリ食べると即座にパワーを取り戻すことができます。
夏の暑さは思っている以上に私たちのパワーを奪います。だからこそ、それなりの対策が必要。これらならとても簡単にできるので、やる気がダウンしたり元気が出ないときにぴったりですね。
[hindustantimes,Health]
photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。