オトコに愛される…!「30代からモテ期」な女性が持つ4つのスキル

写真拡大

20代の頃は「彼女はまだ若いから」と済まされていたコトも、30代になると「もう大人なのに……」と見られてしまうコトって増えますよね。特に恋愛においては、男性からの目が今までより厳しくなるかもしれません。

しかし世の中には、30代から本格的にモテ始める女性もいます。そんな女性は、どのようなスキルを持っているのでしょうか。彼女たちの多くは、外見の美しさよりも“内面の魅力”を意識して磨いて来たようです。

今回は女のしあわせ研究家の筆者が、“30代から愛される女性”が身に着けているコトを4つご紹介します。

■「30代からモテ期」な女性が身に着けている4つの“スキル”

(1)男性に対するサービス精神

大人のオンナたるもの、「お姫様扱いしてほしい」などという願望からは卒業し、男性に対して“気の利いた振る舞い”が一つでも出来るようになりたいものです。

30代ともなれば、“男性が喜ぶコト”に詳しくなっていたいもの。男性の良いところを見つけて褒める、笑顔を心がける、デートはちょっとセクシーなファッションで……など、シーンに合わせ、喜びを与えてあげられるようになりましょう。

(2)物事をポジティブに捉える習慣

先行きが不安な時代において、「きっと大丈夫!なんとかなるわ!」とたくましく生きる女性は、男性にとって“女神”のような存在。

しかも30代は、ポジティブさに説得力が出る年齢です。経験を積んでなお、前向きに生きる女性こそ、“あげまん力”を感じさせます。

落ち込むコトがあった時ほど、「大事なコトを学べた」「これからはいいコトが起こる!」とポジティブに振る舞い、“女神度”をアップさせましょう。

(3)素直で、相手をわずらわせない言動

「何が食べたい?」と聞かれたら「何でもいい」と答えるくせに、あとから「私、これ苦手なの」と文句を言う……。「言わなくても察して!」がやめられない女性は、自己中心的で幼い印象を与えるため、年齢と共にモテなくなってしまいます。

愛されている30代女性は、「欲求は素直に伝える」など、相手を“わずらわせない言動”が出来ます。それは、“人と気持ちよく付き合うためにはどうすればよいか”を真剣に学んで来たからです。

(4)バランスのよい金銭感覚

最近の男性が結婚相手に望んでいるのは、“贅沢でもなくケチでもない”バランスの良い金銭感覚を持っている女性です。

男性は、“お給料は全部好きなコトに使ってしまう”と言った女性には「お金を任せられない」と感じ、“今からカツカツに節約して老後のお金を溜めている”と言った女性には「一緒にいても楽しくない」と感じるもの。

“将来を考え貯金もしつつ、今は今で分相応に楽しむ”バランス感覚は、結婚対象として重要なスキルです。20代の経験を踏まえ、ちょうど良い金銭感覚を身に着けられるようにしたいですね。

いかがでしたか? 30代は、20代の学びを生かして人格のバランスを整えていく時期です。筆者の周りを見ても、自分の“内面バランス”を取ろうと努力している人ほど、いいオトコと結婚しています。

アナタもステキな大人のオンナを目指し、充実した30代を過ごしてくださいね!

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Nina Buday / Shutterstock