負けん気が出ちゃう…!「正直うらやましい」と感じた友人の転職条件

写真拡大

他人の転職話を聞くと「うらやましい……」と思うことがあるかもしれません。最近ではFacebookなどで転職のお知らせを投稿する人もおり、より良く見えてしまうことも。

しかし実際に今、より良い条件で転職できている人もいます。そんな良い条件で転職できている人はどんなことを行っているのでしょうか。また、どの転職条件とはどんなものなのでしょうか。

元人事の経験からご紹介していきましょう。

■良い転職条件は“紹介”によるものが多い

真正面から企業の採用に応募するよりも、友人や知人からの紹介により転職するほうが圧倒的に良い転職条件になることが多いと言っても過言ではありません。

やはり、その人がどんな人かをよりリアルに、かつ、正確に知ることができるのは友人や知人の紹介だからこそのメリット。そんな紹介からであれば年収などの条件も多少交渉しやすくなるでしょう。

とくにIT関連の仕事では、子どもがいるママさんでも働きやすい条件で受け入れてくれることがあります。普段から手が足りていない業界でもあるため、良い条件で転職できるケースが多いのかもしれません。

■大企業よりも老舗の中小企業は狙い目

大企業は門戸が狭いうえに年収の交渉もしづらいケースがほとんど。それよりも、やりたいことが明確にきまっているのであればその専門性を伸ばせる中小企業も探してみましょう。

ベンチャーやスタートアップでは給与面や女性の働きやすさは未整備であることが多いため難しいかもしれませんが、何十年も経営している企業であれば意外と制度がしっかりしているところも見つかるかもしれません。

■派遣社員からのステップアップが見込めるケースも

正社員では募集していなくとも、派遣社員としてなら求人を出している企業はかなりあります。また、派遣社員で優秀な人はすぐに契約社員など直接雇用に結びつくことが多く、じつは狙い目のルート。

いつの間にか有名企業の正社員になっていた……!という友人がいる人も多いのではないでしょうか? あまり雇用形態にとらわれず、やりたい仕事や業界に当てはまる会社があれば、様々なルートを検討してみるのがおすすめです。

■直接企業へ自分を売り込む熱意が功を奏することも

転職サイトやエージェントなどがあふれており、スカウトメールなどを受け取っていい気分になるかもしれませんが、それよりも熱意を持って直接行きたい企業にアタックする方が人事担当にいい印象を与えることはおおいにありえます。

その機会がなくとも、SNSなどで現場の社員にコンタクトをとったり、できることはたくさんあります。そんな行動力がある応募者に対しては、人事側も期待してしまうでしょう。

以上、良い転職条件を得るための方法とその条件についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

受け身の姿勢ではなく、仕事を取りに行く!という気持ちで行動することが重要なのかもしれません。とくに女性であれば環境の変化によって仕事や働き方を変えなければならないことが起こることも。より積極的に転職を優位に進められる人になっておきたいですね。