旨味が凝縮された塩漬けのイベリコ豚が絶品!「イベリコ豚スペアリブのサレと夏野菜のスープカリー」(2900円)

写真拡大

資生堂パーラー銀座本店では、夏恒例となった「夏のGINZAカリーフェア」を、7月26日(火)から8月31日(水)まで開催。定番のカレーライス3種類に加え、伝統のカレーソースやスープをアレンジし、厳選素材を組み合わせた3種類のこだわりメニューも登場する。

【写真を見る】資生堂パーラーの「夏のGINZAカリーフェア」が開催!とろけるような和牛の三枚肉が堪らない「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」(5000円)

今回のフェアでは資生堂パーラーで初めてのスープカリーメニューが登場。「イベリコ豚スペアリブのサレと夏野菜のスープカリー」(2900円)は、ほろほろととろけるようにやわらかく、旨味が凝縮された塩漬けのイベリコ豚をソテーし、色鮮やかな夏野菜を合わせている。香り高いスパイスを感じるカレーソースは、辛過ぎずさっぱりとした味わいだ。

「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」(5000円)は、赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっている和牛の三枚肉を使用。その中でも、特別やわらかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込にでとろけるまでにやわらかくした牛肉と、タマネギの甘味を感じるカレーソースとの組み合わせは絶品だ。

そして、身のしまったオマールエビと大粒のホタテ貝を、素材のおいしさを損なわないように軽くソテーした「オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて」(4900円)。甲殻類の旨味をココナッツが香るカレーソースを合わせ、夏を感じるちょっと贅沢なカレーライスに仕上げた。

歴代シェフに継承される調理法をベースに、食材のおいしさを活かした資生堂パーラーのカレーメニュー。普段とは違う贅沢な味わいのカレーライスを、ぜひお試しあれ。【東京ウォーカー】