VRで「世界のアート」を訪問できるグーグルのスマホアプリ

写真拡大

グーグルが、世界の芸術作品などをスマートフォンで鑑賞できるアプリ「Arts & Culture」をアップデートした。VRツアーや画像認識を使った作品解説など、最新版に追加された機能を紹介する。

「VRで「世界のアート」を訪問できるグーグルのスマホアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界最古のギリシア建築遺跡が点在するシチリア島の「神殿の谷(Valle dei Templi)」を、すべての人が訪問できるわけではない。また、クロード・モネの「睡蓮」に描かれた柔らかな色調を、誰もが東京の国立西洋美術館でじかに鑑賞できるわけでもない。

Google Cultural Institute」は5年前から、1,100以上におよぶ機関と協力して、芸術作品や遺物、360度の美術館ツアー(日本語版記事)をオンライン化してきた。そしてこのほど、スマホアプリ「Arts & Culture」のアップデートによって、スマートフォンを、芸術作品を体験できる強力なポータルへと変えた。

このアプリが公式にローンチされたのは昨年だが、最新版には2つの主要機能が追加されている。「神殿の谷」などを含む20のロケーションに対する「Google Cardboard」を使ったVRツアーと、美術館訪問をマルチメディア体験に変える新ツール「Art Recognizer」だ。

RELATED

Art Recognizerは、美術館に所蔵された作品にスマートフォンのカメラを向けることで機能する。その作品をソフトウェアが認識し、音声や動画、作者の背景など、作品の関連情報を画面に表示する。従来の美術館の音声ガイドは、定められたルートを歩く必要があったが、Art Recognizerは画像認識を使うので、好きなルートをたどることができる。

Art Recognizerは現在、ワシントンDCの「ナショナル・ギャラリー・オブ・アート」やシドニーの「ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、ロンドンの「ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー」でベータ版が利用可能だ。

CardboardのVRツアーは、あらかじめ定められたルート上を、クリックしながら散策するものだ。音声トラックが鑑賞中の作品を解説してくれる。過去にグーグルが開発した360度のブラウザーツアーよりも魅力的だ。

例えばフィンセント・ファン・ゴッホの「アルルの寝室」を鑑賞するときには、ゴッホがそのスケッチを同封した、弟テオに宛てた手紙を見たり、描かれた「黄色い家」がかつて建っていたフランス・プロヴァンス地方のアルルの町を散策したりすることができる。

アムステルダムのゴッホ美術館を実際に訪れている、とまではいかないかもしれないが、とても魅力的な体験であることは間違いないだろう。

※下記は過去記事より、大英博物館が提供したストリートビューのギャラリー。

SLIDE SHOW 01-screen-shot-2015-11-12-at-16-05-07 02-screen-shot-2015-11-12-at-16-07-12

2/5

03-aimg_2577

3/5

04-screen-shot-2015-11-12-at-16-17-19

4/5

05-screen-shot-2015-11-12-at-16-07-31

5/5

Prev Next