写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリックス自動車と軒先パーキングは、業務提携を行うことを発表。26日よりオリックスカーシェア会員向けに、駐車場シェアリングサービス「軒先パーキング」を利用した場合には予約時の駐車料金表示価格の10%割引で提供される。

人気スポット、イベント会場の駐車場や周辺の駐車場がすべて満車。せっかくドライブとともにイベントを楽しもうと思っても、こんな状況では、車を諦めて地下鉄など別の交通手段にせざるを得ない。軒先パーキングは、駐車場を持つが空いている駐車場をピンポイント貸し出せる駐車場シェアサービスで、Web上でオーナーが日時単位で貸し出し、報酬を得られるシステムで戸建ての駐車場も人気スポットには数多く登録されている。

オリックス自動車は、2002年に国内初となるカーシェアリングを開始してから、2016年3月時点では、2278台/1397拠点で展開している。オリックス自動車は、自動車リースやレンタカー、カーシェアリングなど、ライフスタイルに合わせた車の利用方法を広く提案している。今回の提携により、26日よりオリックスカーシェア会員は、軒先パーキングを予約時の駐車場料金表示価格の10%割引で利用できるようになる。

両社は、今後とも両社の強みを生かしながら、シェアリングエコノミーの普及・拡大に向けて、お客様の多様なニーズにお応えする最適なサービスを提供していきたいとしている。

(長岡弥太郎)