2016年7月22日、日本でも配信が始まった「ポケモンGO」。子供から大人まで多くの人がゲームを楽しんでおり、レアポケモンが出没するスポットには人だかりができる一方、ゲームの特性上、田舎にはなかなかポケモンがいないという声もある。

そんな中、鳥取県がポケモンゲットに適した「穴場スポット」であると、ひそかに注目を集めている。

ポケストップの情報を検索できるサービス「ポケストップGO」によると、たしかに鳥取県内にモンスターボールが密集している箇所がある。


鳥取県のポケストップ情報

写真上部、鳥取市のあたりに赤印が固まっているのが見て取れる。ちなみに、右下は兵庫県姫路市。

ポケモンが集まる場所はここだ!

さらに拡大して見てみると、


鳥取駅周辺(鳥取市)


鳥取砂丘(鳥取市)


水木しげるロード(境港市)

鳥取駅、鳥取砂丘、水木しげるロードにポケストップが集中していることが分かった。

鳥取県の平井伸治知事は24日、鳥取砂丘でポケモンGOに挑戦。同日公開された朝日新聞の記事によると、平井知事は「砂丘は広々としていて、他の人の迷惑にもならない。この雄大な自然も楽しみながら探検してほしい」と砂丘をPRしたという。

鳥取県のポケモントレーナーによると、

という情報が。

日本全国47都道府県のうち、最も人口の少ない鳥取県。自由に動き回ってポケモンをゲットすることができるかもしれない。