25日、とあるTwitterユーザーが図解した「よく遅刻する人のLINE」の特徴が、大きな反響を呼んでいる。

ユーザーは「よく遅刻する人のLINE」との文言とともに、3枚の画像を投稿している。

黒い点が自宅、赤い点が待ち合わせ場所を表しているようだ。1枚目では「今家出た」とのLINEを送っているが、実際はまだ在宅している。

続いて2枚目では「もう着く」とのLINEをしているが、道のりはまだ家を出てすぐのよう。3枚目では「着いた」とあるが、実際の位置はまだ待ち合わせ場所にいるわけではない。

3枚の情報を統合すると、遅刻常習者は遅刻するやましさからか、待っている人に実際の位置より先回りしたLINEを送っている、と指摘しているようだ。
この図解が共感を呼んだようで、25日17時の時点で3万件以上のリツイートと、4万件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題になっている。

【関連記事】
「ポケモンGO」ユーザーに「奇跡」と「悲劇」 レアポケモンを見つけたのに…
失明する危険性も…動物をフラッシュ撮影する行為に怒りの声
夏休みが辛い子どもたちを図書館に呼びかけるツイートが話題