アキレス腱断裂・負傷から復活した男たち

写真拡大

 走塁中、突然グラウンドにうずくまる西岡剛。その姿はまるで泣いているようだった──。20日の阪神対巨人戦で届いた悲報、「西岡剛、左アキレス腱断裂」。ここのところ好調を維持していた西岡だけに、本人はもちろんチームにとっても痛すぎる負傷だ。

 今季のプロ野球ではロッテの大松尚逸も5月に右アキレス腱を断裂。全治6カ月と診断された。野球以外でも、大相撲では豊ノ島、安美錦が続けてアキレス腱断裂と、ここ数カ月の間だけでも同じようなニュースが続いている。

 アスリートを苦しめる悲劇、アキレス腱断裂。一方で、この負傷から見事なカムバックを果たした事例も多い。過去の球界アキレス腱断裂史、その主だった例を振り返りたい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■門田博光(南海)

 1979年2月、まだ肌寒いキャンプ中の高知・大方球場の芝生の上で準備運動中、突然アキレス腱が切れてしまったのは南海が誇る主砲、当時31歳だった門田博満だ。

 担架もなければ、医師もいない状況。救急車が到達するまで25分間、ひとりでうずくまるしかなかった。すぐに手術をし、復帰は同年9月。19試合で2本塁打を放ったが、ケガの影響で守れない門田を球団はトレード要員として考えるようになった。

「一度は死んだ身。いつまたアキレス腱がダメになるかわからない。毎打席“これが最後”という気持ちで打席に入ろう」

 そう決意し、翌1980年からは背番号27から、「死」を連想すると日本人に嫌われがちな「44」に変更。するとこのシーズン、指名打者のみで111試合に出場し、自身初の40本塁打超え(41本)でカムバック賞を受賞。1981年には44本塁打で初のホームラン王。通算567本塁打のうち、復帰後に388本塁打を重ねた。

■前田智徳(広島)

 1995年5月23日、西岡同様、一塁を駆け抜けようとしたそのとき、右アキレス腱を断裂してしまったのが広島の誇る「天才」前田智徳だ。

 1996年は開幕から復帰し、2年ぶりに規定打席にも到達。同年から1999年まで、4年連続で打率3割以上をマーク。復活を印象づけたが、自身の思うようなバッティングには程遠く、この頃に口から出たのが「前田智徳という打者はもう死にました」「プレーしているのは僕じゃなく、僕の弟です」といった有名な前田語録だ。

 また、右足をかばっていたために左アキレス腱も痛めてしまい、2000年のシーズン途中に左アキレス腱鞘滑膜切除手術。翌年に復帰し、2002年には打率.308、20本塁打でカムバック賞を受賞。以降、5年連続で20本塁打以上をマークし、打率もほぼ毎年3割以上。2007年に2000本安打。2008年に2000試合出場を果たした。

■遠藤一彦(大洋)

 1982年から6年連続2ケタ勝利。うち1983年と1984年は最多勝。1980年代、大洋の絶対的エースとして活躍したのが遠藤一彦だ。

 そんな遠藤が悲劇に襲われたのは、3度目の最多勝をかけて先発した1987年10月3日の巨人戦。打者走者として出塁し、三塁を目指していた際に突然、足を蹴られたような痛みが遅い、ケンケンでようやく三塁ベースに到着。そこから立ち上がることができず、担架で運ばれた。

 診断の結果は「右足アキレス腱不全断裂」。最多勝どころか選手生命の危機となった遠藤。翌1988年に復帰を果たしたが、この年は5勝(12敗)どまり。再手術をして臨んだ1989年も2勝(8敗)。かつての遠藤の姿ではなくなっていた。

 足をかばって思うような投球ができなくなった遠藤に転機が訪れたのが1990年。指揮官が須藤豊に代わり、任された役割がストッパー。6勝21セーブをマークし、大洋の7年ぶり3位に大きく貢献。カムバック賞を受賞した。

■谷沢健一(中日)

 断裂、ではないものの、アキレス腱と戦った男、といえば、中日で活躍した谷沢健一だ。学生時代からアキレス腱痛に悩まされていた谷沢だが、中日に入団した1970年には1年目からレギュラーとして活躍し、新人王を獲得。1976年には打率.355で初の首位打者も獲得した。

 だが、1978年、とうとうアキレス腱の痛みに耐えられなくなり、初の2軍落ち。さまざまな民間療法を試みたが有効な手段はなく、選手生命も危ぶまれた。そんななかで出合ったのが、日本酒を患部に塗ってマッサージするという「酒マッサージ療法」。このマッサージでアキレス腱痛を克服すると、1980年にはレギュラーに復帰し、打率.369で2度目の首位打者のタイトルを獲得、カムバック賞も受賞。1985年には2000本安打も達成した。

 ここで取り上げた4人以外にも、守備中の「交通事故級の衝突」でアキレス腱を断裂しながら、奇跡的な復活を遂げた吉村禎章(元巨人)。若手時代にアキレス腱を断裂してしまい、以降、代打人生を歩むことになった川藤幸三(元阪神)などなど、アキレス腱の痛みや断裂に襲われながら、チームに欠かせない男として復活した事例は多い。

 もちろん、俊足が売りの西岡だけに、復活までの道のりは相当険しいはず。そこを乗り越え、グラウンドで再び少年のような笑顔を振りまいてほしい。

文=オグマナオト

【関連記事】