写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTT、NTTデータ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTドコモの6社は7月25日、NTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を用いて、さまざまな分野・業界で実証実験を開始すると発表した。

今回の合同実証実験は、NTTが研究開発を行ってきた音声音響処理技術や機械学習技術、コミュニケーションロボットといった各種デバイスとのインタラクション技術などを中心とするNTTグループのAI関連技術「corevo」をクラウド上の共通基盤に実装・共用してNTTグループ各社が合同で実証実験を行う。

この実証実験により、コミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスを普及させ、「社会的課題の克服」や「産業競争力の強化」に取り組み、「安心・安全で豊かな社会の実現」を加速していくという。

NTTは騒音下での音声認識・作業支援サービスやネット上での情報検索サービスに代表されるように、これまで音声・言語処理技術を中心に画像処理技術のほか、人の状態や感情を理解する技術などコミュニケーションに関わる各種メディア処理技術に関して世界をリードする研究開発を行ってきた。

2015年度はNTTグループ各社がcorevoを用いてロボット関連の実証実験を行い、これらのメディア処理技術のうちFAQ検索や雑談対話、音声認識技術などを各社個別に用意してトライアルを実施している。今回の取組みは、上記関連技術をクラウド上に共通基盤として構築し、NTTグループ各社がパートナー企業とともにコミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスとして利用する実証実験を行う。

広範囲にわたる分野・業界において、各種受付・案内業務を中心にデバイス連携サービスを適用させ、その有効性・受容性の検証と課題抽出を合同で進めることで、corevo関連技術の改善効率化を図り、ロボット関連ビジネスを加速していくことを狙う。

今回の実証実験を皮切りに、NTTグループがクラウド上の共通基盤に構築されたcorevo関連技術を活用し、コミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスの普及と改善に取り組み、2016年度下期以降に新たなロボット関連ビジネスの創出を目指すという。

以下の表は実証実験における具体的な各社の取組内容。

(岩井 健太)