Facebookの「インターネットを届けるドローン」、テスト成功も課題は山積み

写真拡大

「ボーイング737」に匹敵する翼幅で、重量は自動車並み。世界中にインターネットを届けるために開発されたフェイスブックのドローン「Aquila」が、初のテスト飛行に成功した。しかし、実用化に向けて乗り越えなければならない課題もまだまだある。

SLIDE SHOW 「Facebookの「インターネットを届けるドローン」、テスト成功も課題は山積み」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-02-1024x683

2/5離陸前のAquila(ドリーに載っている状態)。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

03-06-2-1024x683

3/5PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

04-08-1024x683

4/5マーク・ザッカーバークCEOと「Connectivity Lab」のチーム。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

05-20-1024x683

5/5計画では、複数のAquilaがレーザーを使って交信する。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

Prev Next

フェイスブックの「Connectivity Lab」は7月21日(米国時間)、地球の奥地までインターネットを届けることを目指すソーラー発電で飛ぶドローン「Aquila」について、フルサイズ版のテスト飛行を初めて実施し、成功したと発表した。テスト飛行は6月28日に実施されたが、7月21日になって発表された。

今回の初テストの目的は、「ボーイング737」に匹敵する翼幅で重量は自動車並みという巨大なAquilaが、空を飛べることを確認することだった。

Aquilaチームのマーチン・ゴメスとアンディ・コックスによると、Aquilaは重量を最小限にするために「通常の離着陸装置」を搭載していない。「われわれは飛行機をベルト4本でドリー(台車)に固定し、ドリーを離陸速度まで加速させた。適切なスピードに到達すると自動操縦装置がそれを感知して、ケーブルカッターでベルトを同時に切断した」と説明されている。

離陸の手順はすべて、Aquilaの自動操縦装置によって行われた。これまでに5分の1の縮小版によるテストは行われていたものの、離陸姿勢と離陸スピードのコンピューターモデルは、今回初めてテストされた。

RELATED

ほかの自動操縦ドローンと同様に、AquilaはGPSを利用して遠隔から飛ばすことができる。実際の飛行はすべて、人間からの直接の指示なしで自動操縦装置が行う。

Aquilaが目指す性能は「大気圏衛星」と呼ばれるものだ。最大3カ月の連続飛行で辺鄙な土地の上空を周回し、レーザーを使った空中の「バックボーン」ネットワークと各土地の帯域幅の無線信号で、直径60マイル(約97km)の広範囲にネット接続を提供する。

Aquilaは、揚力に比べて重量が軽いため、時速25マイル(40km)でゆっくりと水平飛行することができる。フェイスブックのインフラ担当ヴァイスプレジデントのジェイ・パリックは、「われわれはソーラーパワーによる無人飛行の世界記録を破る必要がある」と述べている。

立ちふさがる難問

Aquilaは太陽光でバッテリーを再充電しながら飛び続けるが、開発チームに立ちふさがる難問に、夜間に飛び続けられるだけ十分な太陽光を確保するということがある。これは特に、冬に問題になる。

Aquilaのモーターはわずか5,000ワットで高高度を飛び続けることができるが、Aquilaの運用が想定されている地域だと、バッテリーを完全に再充電するには1日10時間の太陽光が必要になる。現行のバッテリー技術だと、バッテリーが総重量の半分を占めることになるという。チームはバッテリー技術についても「限界を超えるよう」開発を進めている。

このほかにも、上空を飛ぶ際の法的な問題や、使いやすい価格帯に収めることなど、Aquilaを使って世界中にインターネットを提供するにはたくさんの課題がある。