海洋ミッションを想定した4つのセンサーを搭載!

写真拡大

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ"G-SHOCK"の海洋コンセプトシリーズ"GULFMASTER(ガルフマスター)"の新製品「GWN-Q1000」を2016年8月5日に発売する。

コーストガードなどによる海上の警備や救助活動における使用を想定し、海上ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載。天気の急激な変化を予測するための「気圧センサー」、気温・水温の変化を読むための「温度センサー」、風向きや潮の向きを確認するための「方位センサー」、水中での深度を把握するための「水深センサー」を搭載することで、急な雨や嵐、刻々と変化する海の状況をリアルタイムで把握することができるという。

また、様々な機能を容易に使いこなせるよう、気圧、高度、温度、方位、深度の計測モード状態、急激な気圧変化、潮の干満を表すタイドグラフなどの情報を5時側のインダイアルで表示できる。さらに、デュアルコイルモーターを採用することで、大きな針で視認性の高いレトログラードの表現を実現した。

ケースは東レと共同開発した、剛性に優れたカーボンファイバー強化樹脂を新たに採用。ボタン部分には耐久性に優れたメタルパイプを採用し防水性を向上させた。さらに、裏面の緩衝カバーとバンドにはソフトウレタンを採用することで快適な着用感を実現している。ブラックとホワイトの2カラーをラインアップ。

価格は各10万円(税別)。