25日、澎湃新聞によると、中国福建省の景勝地で24日、マナー違反を注意した女性ガイドが男性客に殴られるというトラブルがあった。資料写真。

写真拡大

2016年7月25日、澎湃新聞によると、中国福建省の景勝地で24日、マナー違反を注意した女性ガイドが男性客に殴られるというトラブルがあった。

騒動が起きたのは、豊かな自然が広がる武夷山の入場ゲート付近。列に並んでいた女性ガイドがある男性客の割り込みを阻止しようとしたところ、相手から暴力を振るわれ、けがを負う事態になった。ガイドは検査と治療のため、その後入院しており、男性客は当局から9日間の拘留と500元(約8000円)の罰金処分を受けた。(翻訳・編集/野谷)