アニメ「D.Gray-man HALLOW」の第4話『第4夜 聖戦ブラッド』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会

写真拡大

テレビ東京ほかで放送中のアニメ「D.Gray-man HALLOW」の第4話『第4夜 聖戦ブラッド』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第4話では、アレンが、緋(ひ)装束の一行が人体生成で半AKUMA化した『第三エクソシスト』と呼ばれる教団の新たな戦力だと知る。そんな中、エクソシスト狩りが始まる/(C)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会

本作は、シリーズ累計発行部数2350万部を超えるダーク・ファンタジーコミックスのアニメ新シリーズ。19世紀末、殺人兵器「AKUMA」を製造する「ノアの一族」と、それを唯一破壊できるエクソシストらの戦いを描く。エクソシストの少年・アレンは、ノア一族との戦いの中、何者かに筋書きされた「裏」の真実に近づいていく。

【第4話『第4夜 聖戦ブラッド』】

神田はコムイに怪盗G事件を報告する。だが、アレンの異変を口外することはなかった。一方アレンは、あの緋(ひ)装束の一行と出くわす。彼らの正体は、人体生成で半AKUMA化した『第三エクソシスト』と呼ばれる教団の新たな戦力だった。その頃、ノアの最後の一人が目醒(めざ)め、千年伯爵の合図でエクソシスト狩りが始まる!

なお第4話は、テレビ東京では7月25日(月)深夜1時35分より放送となっている。