写真提供:マイナビニュース

写真拡大

MMD研究所は7月25日、スマートフォンを所有する20〜69歳の男女565人を対象に実施した「2016年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」の調査結果を発表した。

SNSで「現在利用している」という回答が最も多かったのは「Facebook」で41.4%、次いで「Twitter」が40.5%、「Instagram」が20.4%となり、2015年の調査と同様に「Facebook」が減少、「Instagram」が増加傾向にあることがわかった。

コミュニケーション・アプリ以外で2016年に最も使ったアプリのジャンルを聞いたところ、「天気」が15.9%と最も多く、これに「ゲーム」(11.7%)、「SNS」(9.0%)が続いた。

2015年7月の調査と比較するとゲーム、SNS、動画は減少、天気とニュースは増加傾向にあることがわかり、特に「天気」は6.3ポイント増となった。

また、ニュースアプリについて聞いたところ「利用している」と回答した人は65.0%だった。ニュースアプリ利用者に、よく利用しているニュースアプリを聞いたところ、「Yahoo!ニュース」が66.8%と最も多く、次いで「SmartNews」(23.7%)、「LINE NEWS」(18.5%)となった。

iPhone、Android端末所有者に、スマートフォンでの音楽視聴について聞いたところ、iOSユーザーの71.7%、Androidユーザーの45.9%がスマートフォンで音楽を聴いていると回答し、2015年の調査と比べると、iOSとAndroidのいずれも増加傾向にあることがわかった。

スマートフォンで音楽を聴いていると回答したiOSユーザーとAndroidユーザーに音楽の利用状況を聞いたところ、iOSユーザーは「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が48.6%と最も多く、これに「iTunes Storeから購入して聴いている」(45.7%)、「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」(45.1%)と続く。

Androidユーザーでは、「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が45.8%と最も多く、「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が36.8%、「レンタルしたCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が27.8%となった。

ちなみに、iOSユーザーの23.4%が定額制音楽配信サービスで音楽を聴いていると回答し、2015年7月と比較すると14.3%増、Androidユーザーは13.2%と、2015年と比較すると4.2%増えていることがわかった。

(辻)