中川駅前歯科クリニックの二宮威重院長

写真拡大

 治療を何度も繰り返して、挙げ句の果てに抜歯を宣告される──歯科治療のタブーは数多いが、治療によるリスクは様々だ。これまでの治療を見直し、対応策を講じられるかで、歯の寿命も、あなたの健康状態も大きく変わる。人口20万人弱の地方都市に住む初老の男性がいう。

「口の中の金属の影響が、まさか手や顔に出るとは思いませんでした。皮膚科の医師も知らないようです」

 彼は2004年、歯科クリニックで左下の歯にブリッジを装着する治療を受けたが、手の平にプツプツと小さな膿疱ができて、痒みで眠れない状態になった。

 皮膚科ではステロイド剤等を処方されたが改善せず。インターネットで必死に自分と同じ症状を探すと、歯科金属アレルギーの可能性があることを知った。

 そして別の歯科クリニックを訪ねると、歯科金属アレルギーによる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と診断された。

 基本的な治療は、原因物質の除去である。男性はまず、左下のブリッジを撤去。翌月以降、右側上下にもあったブリッジと、1本の差し歯を外してメタルフリーになった。すると症状は大きく改善に向かい、約1年後にはほぼ完治するに至った。

 歯科金属によるアレルギー治療を目的にした患者が全国から訪れる、横浜の中川駅前歯科クリニック。全身が赤く爛れた50代男性は、皮膚科での治療で改善が見られず、銀歯を調べてほしいとやってきた。

「意外に思われるかもしれませんが、アレルギーの症状は口の中に出るケースは少なく、全身や顔、手足に湿疹やアトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症が現われます。だから原因が歯科金属だと思わずに苦労した末に、効果の疑わしい民間療法にひっかかってしまう人もいます」(同クリニック・二宮威重院長)

 さらに金属アレルギーは、頭痛、肩凝り、めまい、怠感などを引き起こしているという説もある。アレルギー患者の大半は女性だが、中高年の男性も少なくない。考えられる要因は、口の中にある銀歯だと二宮院長は指摘する。

 このクリニックではまず、患者がどの金属にアレルギーを持つのか特定するパッチテスト検査を行なう。日本の虫歯治療で最も多用される「銀歯」は、金、銀、パラジウム、銅、スズなどの合金。

 そして入れ歯にはコバルトクロム合金、インプラントはチタンなど、実に様々な種類の金属が歯科材料として使われているのだ。

「当クリニックの患者254人を対象にしたパッチテストの集計では、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウムの順でアレルギーの陽性率が高い結果となりましたが、最近はパラジウムのアレルギーが増えています。

 また、口の中に歯科金属の成分が溶出しているか調べる検査では、金銀パラジウム合金(銀歯)の金属成分が口の中に溶け出していることが明らかになっています。

 治療は、基本的に口の中から金属を除去します。ただし、銀歯を一つ二つ外すだけで症状が改善することもあるので、全部を一度に外すことはない。セラミックに換えるとなると、一本10万円以上ですから」(同前)

 今年4月から、アレルギー患者を対象に、CAM/CAD冠という、レジン(プラスチック素材)とセラミックのハイブリッドの義歯を保険で入れられることになった。ただし、これに対応出来るクリニックは限られている。

 前出の50代男性は、パッチテストの結果、パラジウムのアレルギー反応が確認され、銀歯を外したところアトピー性皮膚炎の症状が一気に改善した。二宮院長は、残った銀歯の処置について、経過観察するという。

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2016年8月5日号