「好きな人がいること」第3話より/画像提供:フジテレビ

写真拡大

【好きな人がいること/モデルプレス=7月25日】女優の桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』(毎週月曜よる9時)の第3話が、25日放送される。

【さらに写真を見る】桐谷美玲主演 月9「好きな人がいること」<第3話あらすじ/場面カット多数>

◆桐谷美玲がイケメン三兄弟と四角関係に?


今作は、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロイン・櫻井美咲(桐谷)が、イケメン三兄弟の柴崎夏向(山崎賢人 ※「崎」は正式には「たつさき」)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。

このほか、美咲のバイト先のレストランにある日突然やって来て、夏向ら三兄弟に近寄り、何かを探ろうとしているミステリアスな女の子・西島愛海を大原櫻子、海辺のサーフショップで働く夏向の同級生・奥田実果子を佐野ひなこ、その彼氏で一回り年上のサーフショップオーナー・日村信之を浜野謙太、冬真が通う調理師学校の同級生・二宮風花を飯豊まりえ、千秋の大学時代の同級生で、ボストンに留学中のピアニスト・高月楓を菜々緒がそれぞれ演じ、フレッシュなキャストが集結する。

◆第3話あらすじ


柴崎千秋(三浦)だけには、可愛いと思われたい。櫻井美咲(桐谷)のささやかな願いは、結婚パーティーで砕かれてしまう。その上、美咲は高月楓(菜々緒)とキスする千秋も見てしまったのだ。そんな美咲の傷心を癒したのは柴崎夏向(山崎)。クルーザーで美咲を海に連れ出した夏向は、結婚パーティーでの活躍をねぎらった。

もしかすると、美咲と夏向の距離が?しかし、『Sea Sons』が通常営業に戻ると、以前と何の変わりもない。相変わらず夏向は美咲に無愛想。そんな夏向にイラっと来る美咲だ。

その頃、『LEG END』の日村信之(浜野)は、店に来た西島愛海(大原)に頼まれ、千秋、夏向、冬真(野村)の柴崎三兄弟の話をしていた。日村が話し終わると、愛海は“タクミ”と言う名前に心当たりはないかと尋ねる。日村が知らないと答えた時、冬真がやって来た。日村が、話していた冬真だと愛海に紹介。すると、愛海はすぐに店を出て行った。

客足のピークが過ぎたディナータイムの『Sea Sons』に楓がやって来た。楓をエスコートして談笑する千秋に、休憩中の美咲は気が気ではない。2人がよりを戻したことを疑う美咲に、夏向が聞いてこいと促す。関係を?と、驚く美咲に夏向はオーダーだと切り返す。仕方なくオーダーを取りに行く美咲。すると、楓が千秋をこの後、飲みに行こうと誘っていた。千秋は美咲もどうかと尋ねる。2人の関係を疑う美咲は断ってしまい、またもや落ち込んで…。(modelpress編集部)