24日、夏休みの観光シーズンに突入し、香港・フェニックステレビ(電子版)は中国人の国内外の観光動向について伝えた。写真は東京。

写真拡大

2016年7月24日、夏休みの観光シーズンに突入し、香港・フェニックステレビ(電子版)は中国人の国内外の観光動向について伝えた。

中国の旅行関連サイトのデータによると、夏休み期間に旅行する人は2015年の2.7倍に増えており、5日間以上の長期旅行が56%を占めた。国内の旅行先では、海南島や上海、福建、雲南、北京などが人気となっている。

海外では周辺国が人気の旅行先で、日本、韓国、タイを多くの人が選んでいる。海外旅行者は15年の3.2倍に増加し、日本、韓国、タイ、米国、香港が5大人気観光地に選ばれている。(翻訳・編集/内山)